将来大きな差が開く!「シワを作らない」ための簡単ケア方法5つ

写真拡大

年齢と共に、私たちを深く悩ませるようになるシワ。とくに夕方になると、目の下に笑い皺が刻まれていることにショックを受けたことはないでしょうか。

年をとるにつれてある程度シワが増えてしまうのはしょうがないことではありますが、日々のちょっとしたケア次第で、将来できるシワの数を少なくすることは可能なのです。

シワに対するケアをしていないと、防ぐことができたはずの余分のシワを、次々と作ってしまうことになりかねません。

そこで今日は、海外サイト『WebMD』を参考に、“シワを作らないため”の簡単ケア方法5つをご紹介したいと思います。

■1:紫外線対策をとにかく徹底する

シワの1番の原因となるのが紫外線。紫外線量の多い地域に住む人は、紫外線量の少ない地域に住む人と比べ、シワの数が圧倒的に多いと言われています。

紫外線が肌に悪いことはもうすでに広く知られていることではありますが、とにかく紫外線対策を徹底させることが大切です。紫外線対策をおろそかにしてしまっては、それが将来のシワを作る原因を作ってしまいます。

日焼け止めだけでなく、日差しが強い日には日傘やサングラスを利用するよう心がけましょう。

■2:肌の潤いを保つ

シワを作る1番の原因は紫外線だという話をしましたが、もう一つ注意しなくてはいけないのが肌の乾燥。肌が乾燥していると、シワができやすい肌になってしまいます。

湿気の多い夏の間も、エアコンが効いた部屋の中にいては乾燥から逃れることはできません。朝晩の洗顔の後は、たっぷりの化粧水をつけ、保湿性に優れた乳液やクリームをつけるようにしましょう。潤いある肌は、シワを作りにくくしてくれます。

■3:内外からコラーゲン生成を促すビタミンCを摂取する

ハリや弾力のある肌は、そのほとんどがコラーゲンによるもの。しかしこのコラーゲンが紫外線によってダメージを受けてしまうと、肌のハリや弾力がなくなるだけでなく、シワまでも作ってしまいます。

そこで必要になってくるのが、コラーゲンの生成を助けてくれるビタミンC。ビタミンC配合の化粧品を使うだけでなく、ビタミンCを多く含むフルーツなどを摂取することで、内外からビタミンCを取り入れることが大切です。

■4:野菜やフルーツを食べる

野菜やフルーツが体にいいことは誰もが知ることですが、ここで重要となってくるのが野菜やフルーツに含まれる“抗酸化成分”。この抗酸化成分が、とくに紫外線から受けたダメージに対抗してくれると言います。

紫外線によって肌が老化することを“光老化”と言いますが、野菜やフルーツに含まれる抗酸化成分が、この光老化に対抗してくれると言うのです。シワも光老化の代表的なものの一つ。シワを増やさないよう、野菜やフルーツを日々の食生活に取り入れるよう意識していきましょう。

■5:睡眠をしっかりとる

睡眠をしっかり取れなかった日は、肌の調子が悪くなるものではないでしょうか。寝不足はその日だけに影響すると思いがちですが、じつは肌を着実に老化させる原因となってしまうのです。

寝不足によって分泌されるのがコリチゾールと呼ばれるホルモン。このホルモンが肌の細胞にダメージを与え、シワの原因を作ってしまうと言います。

仕事が忙しく、どうしても帰りが遅くなってしまうことってありますよね。しかし早く家に帰れた日は夜更かしなどせず、しっかりと睡眠をとることが大切です。

以上、“シワを作らないため”の簡単ケア方法5つでしたが、いかがでしょうか?

シワを作る原因には様々なものがありますが、なかでも紫外線や乾燥は代表的なものになります。「まあいっか」という気持ちで紫外線対策をせずに外出したり、保湿ケアをせずに毎日過ごしていると、シワをどんどん作ってしまうことになりかねません。

日々のちょっとした積み重ねが、将来大きな差を開くもの 。今日ご紹介した5つのケアは、誰にでもできる簡単なケア方法ですので、ぜひ今日から、実践してみてくださいね。