え…3位はネット!? 既婚男女に聞いた「結婚相手と出会った場所」1位は

写真拡大

気候のよい秋は、ウェディングのピークシーズンでもあります。友達や同僚の結婚式に呼ばれるたびに、「おめでとう」と顔で笑いながら、心では「どうして私は運命の人に出会えないの!?」と壁に頭をぶつけたくなる独女も多いのではないでしょうか?

そんな「どこに行けば出会えるの……」と彷徨う独女たちのために、ゲストハウスウエディングを展開するアニヴェルセルが23〜39歳の既婚男女600名を対象に実施した、「パートナーと出会った場所」のランキング結果をご紹介しましょう。

■パートナーと出会った場所1位はやっぱり“職場”

「あなたは、パートナーとどこで出会いましたか。あてはまるものをお答えください」と尋ねた結果は、以下の通り。

1位・・・「職場」(27.7%)

2位・・・「友人の紹介」(20.5%)

3位:・・・「インターネット」(9.2%)

4位・・・「専門学校・大学・大学院」(9.0%)

5位・・・「コンパ(街コン等含む)」(7.2%)

1位はやはりと言うべき「職場」。意識せずに異性と出会え、プラトニックにお互いを知ることができる貴重な場所。一緒に過ごす時間が長いため、「気づいたら、自然に好きになっていた」というパターンが多そうです。

2位もスタンダードな「友人の紹介」。ちなみに、筆者の友人関係ではこれが一番多数。「友達が結婚したから疎遠になった」なんて言ってはダメ。結婚した友達の夫の友達というのは、実はかなり有望です。

3位は近年躍進を続ける「インターネット」。“出会い系”というとなんとなく良くないイメージもありますが、いまや婚活アプリ、SNSなど知り合う場合も多いようです。

4位は「専門学校・大学・大学院」。一緒のクラスを取った爽やかな男の子にノートを借りてドキドキした、なんて青春の香りがプンプンします。

そして5位は合コン、街コンなどの「コンパ」。スタンダードな出会いの場として人気ですが、あまり「結婚相手を探そう」として来ている雰囲気ではなさそうですよね。

■ソウルメイトに会うためにあなたがすべきこととは?

さて、上記の結果を見て、「そうかっ、じゃあ私も●●で結婚相手を探そ!」と焦るのはちょっと待った。

誰かが職場で結婚相手と出会ったからといって、あなたも同じ運命であるとは限りません。自分の可能性をオープンにしておくことは大事ですが、もしかしたらカフェで偶然会うかもしれないし、電車の中で隣に座った……なんて可能性だってなきにしもあらず。

そのときまで、あなたは自分の準備を万端にしておかなければなりません。

そこで今回は、過去記事「ハワイの魔女が伝授!運命の人“ソウルメイト”を引き寄せる秘訣4つ」を参考に、ハワイのサイキック(占い師)クリスさんが教える“運命の彼に出会うためにすべきこと”を紹介しましょう。

(1)自分が抱える問題を解決する

あなた自身は“ソウルメイト”にふさわしい人物ですか? お金や精神的問題、過去の恋愛関係など、問題がある部分から目をそらさず解決する努力をしましょう。

(2)自分の人生を充実させる

彼氏を見つけようと躍起になるよりも、独身のときしか楽しめないことを今のうちに精一杯楽しんで。自分の人生を充実させることに集中すると、運命の出会いを引き寄せられるそうです。

(3)無理矢理誰かを選ぼうとしない

「体育館に1万人男性がいたら、私も絶対に間違った人を選ぶでしょう」とクリスさん。

次から次へと男性にアプローチされ、いつも彼がいる状態が幸せなわけではないのです。何人からアプローチされても、ピンとこなかったら無理にその中から選ぶ必要はナシ。

(4)運を天に任せる

ソウルメイトとは、お互いのタイミングが合ったときに自然に出会えるはず。それは、神様が決めるタイミングだそうなので、自分に気のない男を追いかけたりするのは時間のムダかも!

いかがでしょうか? 自分を磨き、充実した人生を送っていれば、あなたにもきっと素敵な人が現れるはず。でもそのタイミングや場所は、自分では決めらないかもしれませんので、常に気を抜かないようにしましょう!