執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ)


妊娠したときなどに、お腹や太ももに細い線が何本もできる妊娠線。

妊娠線は「頑張った証」などとも言われていますね。でもひとくちに妊娠線といっても、たくさんできる人もいれば、目立たないもの、なかにはまったく線のできない人もいます。
いったいその違いはなんなのでしょうか?詳しく調べてみました。

そもそも妊娠線ってなに?

妊娠線は、妊娠中期から8か月の間にかけて、おなかや太もも、お尻などにできる裂け目のような痕のことをいいます。


妊娠中は毛細血管が透けていて、赤みをおびている細い線ですが、出産してしばらく経つと、赤みが白い色に変化します。初産の場合は妊娠線ができる女性は2〜3割程度。出産を経験したことがある女性の場合は、7〜8割の女性に妊娠線があらわれます。


別名「肉割れ」や「ストレッチマーク」とも呼ばれており、分娩後にはあまり目立たなくなるのも特徴です。とはいえ、一度妊娠線ができると完全に痕を消すことは難しく、気にする女性もいます。

妊娠線ができる人とできない人の違い

体重が12kg以上増加した


体重の増加が8kg未満の人の場合は、妊娠線はほとんどできません。一方で、体重が12kg以上急増した場合は、妊娠線のできる可能性が高くなります。


体重を急激に上昇させないよう、適度な運動と食事で体重をコントロールすることが大切です。

もともと痩せていた


もともと痩せていたり、小柄な体型だったりする人は皮膚面積がせまいため、妊娠線ができやすくなります。これは、通常の体型の人よりも、お腹の皮膚が引き伸ばされてしまうからです。

乾燥肌


肌表面が乾燥している人も妊娠線ができやすいです。乾燥肌は皮膚が伸びにくい状態なため、肌がひび割れしやすくなります。脂性肌の人よりも乾燥肌の人のほうが妊娠線の割合は高くなります。

出産経験がある


上述したように、一度出産を経験した人は初産の人に比べて妊娠線ができやすくなる傾向があります。これは、出産をしたことにより子宮がのびやすい状態にあるからです。そのため、2回目以降の妊娠は急激にお腹が大きくなり、妊娠線ができやすくなります。

高齢出産


高齢出産の場合、若い頃と比べて肌の弾力がなくなるので妊娠線はできやすいといえるでしょう。
しかし、ボディーローションなどを用いて保湿ケアをすれば、妊娠線を防ぐことができます。こまめにケアをしましょう。

男性でも妊娠線ができる!?

妊娠線は別名「線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」と言います。


妊娠以外にも、成長期に急に成長したり、急激に太ったりするときにも妊娠線はできるのです。もちろんこれは女性だけではありません。男性でも急に太った場合に妊娠線はできます。


妊娠中の妊娠線は気にしすぎる必要はありませんが、病気や体重の大きな変化によっても妊娠線が生じることがあります。気になる人は病院で検査を受けることが良いでしょう。