坂口杏里も!? 元AKBに人気グラドル…AV女優に転身した芸能人まとめ

写真拡大

故・坂口良子の娘であり、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二とオープンな交際をしていたことでも知られるタレント・坂口杏里。一時はバラエティー番組でも引っ張りだこだったが、小峠との破局あたりから露出は激減。

いつしか、ネットでは“メンヘラ”、“妖怪整形”、“拒食症”などと叩かれ、危うい存在として扱われるように。

そんな坂口杏里が、なんとAVへ転身という衝撃ニュースが飛び込んできた! そこで今回は、“坂口杏里だけじゃない! AV女優へ転身した芸能人まとめ”を紹介しよう。

■ことぅーげもただただ唖然……坂口杏里

坂口杏里がAV女優へ転身するきっかけとなったとされているのが、“ホスト通い”だ。小峠との交際前からホストクラブで遊んでいたのは有名な話。しかし小峠と破局したことで、寂しさを埋めるようにホストクラブへ入り浸るようになったとか……。

その結果、母・坂口良子の遺産数千万円を食い潰し、さらに500万円もの借金を背負ってしまったと、一部週刊誌で報道されている。

坂口杏里のAVデビューXデーは、10月1日と噂されているが……。小峠にとっては「なんて日だ!」になるに違いない。

■国民的アイドルAKBからAVへ……やまぐちりこ(元AKB48・中西里奈)

2005年「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募総数7,924名の中から見事合格し、2008年までAKB48で活躍していた中西里奈。

2010年に突如“やまぐちりこ”に改名し、AVデビュー。元AKB48の肩書はやはり無敵なのか、1万本売れれば大ヒットといわれるAV業界で、発売わずか1ヶ月で異例の8万本を売上げ、大きな話題に。

しかし、「(AV出演は)どうしても叶えたい夢があったので、それがチャンスになればいい。歌がずっと好きなので、いつか歌うことができたらいいな」と語り、AV出演はあくまで最終目標への通過点に過ぎないとしつつ、2012年に惜しまれながらも引退を発表。

その後自身のブログにて、「夢を叶えたくって入った世界、頑張れば頑張るほど、私の気持ちとは違う方へ進んでいきました。途中で引き返せないぐらいあっという間に時が進み、頑張るしかなかった。むなしかったです」と、当時の苦悩を激白。

しかし、「いま結婚して、幸せに暮らしています」と前向きに綴り、その後は出産したとされている。

いまは一般人として幸せな家庭を築いているのかと思いきや……一部報道では、姉妹でAVデビューしたやまぐちりこの妹・やまぐちりくと一緒に、大分県のナイトクラブで働いていると報じられた。

表舞台で大好きな歌を歌う姿は、もう見られないのかもしれない。

■私、世界基準のポルノスターになったの……小向美奈子

人気グラビアアイドルから突然の事務所解雇。その後、覚せい剤取締法で逮捕され衝撃を呼んだのが、小向美奈子。

懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡された後は、ストリップの踊り子、2度目の覚醒剤所持容疑でのお逮捕(証拠不十分で釈放)を経て、自慢の“スライム乳”を武器にAV女優へと転身。

デビュー作は前述のやまぐちりこを上回る20万本の超大ヒットとなった。

2014年には「世界基準のポルノスターになる」と、ハリウッドへ渡米。総額1億円かけて、ウエストの脂肪を吸引してそれをスライム乳に注入することで“キングスライム乳”になるという、過激な全身整形を行ったことでも話題に。

上半身は黒の下着一枚、赤いタイトスカートにストールを羽織っただけという前代未聞な過激スタイルで空港へ降り立った小向美奈子に対し、ネット上からは「変態じゃん!」、「SP付ける前に乳隠せや」、「その前に脂肪吸引した方が……」などと、ツッコミ満載なコメントが続出した。

しかし2015年には再び、覚せい剤所持の疑いで3度目の逮捕……。東京地裁は懲役1年6カ月の実刑判決を言い渡した。ワールドワイドなポルノスターへの夢は、先行き不透明なばかりである。

小向美奈子とは対照的に、中国版Twitter・ウェイボーで1,500万人のフォロワー数と絶大な人気を誇るのがAV女優・蒼井そら。果たして、坂口杏里も世界で活躍するAV女優になれるのだろうか……。