5分で分かるiPhone 7!Apple発表会で判明した7つのポイントまとめ

写真拡大

米サンフランシスコで、現地時間9月7日午前10時から、日本時間では9月8日午前2時から行われたアップルスペシャルイベント。そこで待望のiPhone 7/ 7 Plusおよび、Apple Watch Series 2などが発表されました。

今回発表されたiPhone 7に関して、気になるスペックをまとめてみました。

[関連記事]Mac購入は新型まで待つべき?そもそもいつ発売になるの?

1. iPhone 7/ 7Plus のカメラ

両モデルに手ぶれ補正が搭載7 Plus は広角と望遠の2つのレンズを搭載

camera

大幅な進化を果たしたカメラ機能。

背面カメラは1200万画素で、F1.8(6sはF2.2)の明るいレンズを採用。暗い場所での撮影に強くなりました。また、6s Plusのみに採用されていた光学手ブレ補正がすべてのモデルに搭載されます。さらに7 Plusでは、広角と望遠の2つのレンズを搭載し、2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズームを実現します。

camera2

 

2. イヤホンジャックの廃止

端子はLightningのみApple製の完全ワイヤレスイヤホンが発売に

earphone

噂されていた通り、ステレオミニタイプのイヤホンジャックが廃止され、付属の「EarPod」はLightning接続となります。

Lightning接続により、音質が向上し、コネクタから電源供給ができるなどによって従来の、イヤホンジャックより高機能になります。さらに、従来のイヤホンやヘッドホンを使い続けたい人のために、アダプタも付属しますので、お気に入りのヘッドホンをiPhone 7でも使うことはできます。

adapter

そしてついに、アップル製のワイヤレスイヤホン「AirPod」を発売します。左右のユニットが独立した完全ワイヤレス型で、5時間の再生が行えます。キャリングケースで充電できて、ケースでの充電を行うことで合計24時間の再生が行えるとしています。

AirPod

 

3. Suicaが使える

10月下旬頃、モバイルSuicaが使えるように

suica

長い間待ち望まれていたApple Payが日本でも展開されます。それに合わせてiPhone 7 / 7 Plus およびApple Watch Series 2もFelicaに対応。サービス開始は10月下旬頃ということですが、ついにiPhoneでもモバイルSuica(おサイフケータイ)が使えるようになります。

 

4. 本体性能向上

基本性能が40%向上グラフィック機能は50%高速化スピーカーがステレオにこれまでより2倍の音量が出せる

Powerup

カメラ性能の向上などに対応すべく、コアプロセッサもA10Fusionとなり、前モデルに採用されていたA9比で40%の性能向上となります。

加えて、省電力用の高効率コアが2つ搭載され、消費電力も1/5となりました。グラフィック機能も前モデルより50%高速化した新設計のものが搭載され、ゲームやプロ向けアプリなどでも期待通りの性能を発揮してくれることでしょう。

またスピーカー機能も強化され、2倍の音量が出るようになり、さらにステレオスピーカーとなりました。

speakers

高性能になっても、省電力化が進んだことで、7が6sよりも2時間、7 Plusは6s Plusよりも1時間長く使えるとのことです。

 

5.デザイン(本体カラー)

サイズはほぼ同じ重さは少しだけ軽くなった黒系の2色が追加

本体デザインは 6s / 6s Plus とほぼ変わらず、サイズも薄さを含めてほぼ前モデルと同等です。一方、重量は7が143gから138g、7Plusで192gから188gへと軽くなりました。

カラーバリエーションは、従来のシルバー、ゴールド、ローズゴールドに加え、マット仕上げのブラック、美しい光沢のあるジェットブラックの2色が追加。スペースグレーはなくなりました。

newcolor

 

6. IP67防水

水深1mに30分水没しても大丈夫粉塵が中に侵入しない

IP67

こちらも長い間待ち望まれていた機能で、ようやく搭載されたか!という気分ですが、IP67の防水防塵機能が付きました。一定水深(1m)に30分水没しても浸水しない防水性能と、粉塵が内部に侵入しない耐塵性能を有しています。これにより、防水ケースを使用せずにお風呂などで使用したり、アウトドアで活用できるでしょう。

 

7. 高速通信対応や触覚フィードバックなど細部も進化

LTE高速化最大450Mbpsの高速通信に対応となり、au回線で下り最大370Mbps、docomo回線で375Mbps、ソフトバンク回線で262.5Mbpsの最大通信速度の恩恵を受けることができるでしょう。

ホームボタンもMacBookのような触覚フィードバックに対応したものになり、アプリごとに違う振動を返すなど表現力が増しました。

homebutton2

本体メモリは最大256GBと大容量化が進みました。一方で、16GBと64GBがなくなり、32GBと128GB、そして256GBのラインナップとなります。カメラ性能の向上で、画像の容量も増えたので、写真をたくさん撮る人は大容量モデルを選びましょう。

lineup

 

 

個人的には防水防塵になったことが一番嬉しい出来事でしたが、今回も前モデルから大幅な性能アップとなりました。6s を使っている人はもちろん、それ以前のモデルを使っている人は乗り換えて損はない性能になったかと思います。

 

(文/戸津弘貴)

とつひろたか/テクニカルライター、防災ジャーナリスト

日本最古参のiPod、iPhone関連情報サイトの二つのうちの一つであるiPhoneなどのガジェット情報サイト「iPod Style」を運営。大手CATVインターネットプロバイダー、アップルコンピュータのテクニカルサポートを経てIT企業のマーケティング職を歴任。現在は会社役員とフリーランスのライター、ジャーナリストとして活動。iPod Styleを運営する傍ら、「日常の中で防災を考える」をコンセプトにした防災系情報サイト「防災スタイル」もてがける。