第3回「代官山フォトフェア」写真集を集めた展示やトークショーなど

写真拡大

日本芸術写真協会(FAPA)が、第3回目となる「代官山フォトフェア」を、代官山ヒルサイドフォーラムを中心としたエリアで開催。期間は2016年9月30日(金)から10月2日(日)まで。

イベントでは、Taka Ishii Galleryなどの国内ギャラリー、書店・出版社をはじめ、芸術写真界を牽引する国外の出展者などから、数々の作品を展示予定。また、期間中には、初の試みとなる写真集展「The Photobook」も実施。「1960年代以降、世界の中でも独自の変遷を遂げてきた日本の写真集」というテーマのもと、展示やセッション等が行われる。

さらに、フェア期間中に開催される各種プログラムのため、J・ポール・ゲティ美術館やテート・ギャラリーからキュレーターが来日。日本の写真史にも造詣の深い彼らや、日本を代表する写真家がトークショーを通し、世界と日本における写真界の今とこれからを読み解く機会を与えてくれる。

【イベント概要】
「代官山フォトフェア」
開催期間:2016年9月30日(金)〜10月2日(日)
開催場所:代官山ヒルサイドフォーラム、及びその周辺
日時:11:00〜21:00(但し最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ、アネックスA棟
入場料:一般1,500円/学生: 1,000円

【プログラム概要】
写真集展「The Photobook」
■メディア、デザイン、印刷技術、出版社をキーワードとして、ユニークな変遷を遂げた日本の写真集史を紹介。
■リレートーク
戦後、ユニークは変遷を遂げた日本の写真集史を「時代」ごとにフォーカス。展覧会で紹介する写真集とその背景を語る。
司会:町口覚
スピーカー: 金子隆一、飯沢耕太郎、調文明×小林美香
■トークセッション、レクチャー
J・ポール・ゲッテ美術館やテート・ギャラリーからキュレーターが来日、日本の写真史に造詣がい深いプロフェッショナルと、世界の写真界や芸術写真の今とこれからに迫る。
スピーカー: Amanda Maddox ×志賀理江子、Joshua Chuang × 金子隆一、Simon Baker
その他、ワークショップ、キッズプログラムなど開催。