隈研吾が品川新駅をデザイン 大屋根は折り紙がモチーフに

写真拡大

 東日本旅客鉄道が、2020年春に暫定開業する「品川新駅(仮称)」の概要を発表した。デザインアーキテクトとして隈研吾を起用し、木材を使用した「和」を感じる駅を創出。本開業は2024年を予定している。 【画像を拡大】

 総床面積約7,600平方メートルとなる新駅は、田町駅から約1.3キロメートル、品川駅から約0.9キロメートルの品川車両基地の跡地内に設置される。地上3階、地下1階、高さ約30メートルの鉄骨造りで、ホーム形態は線路別島式2面4線(山手線、京浜東北線)となる。日本の伝統的な折り紙をモチーフにした大屋根が特徴で、障子をイメージして「膜」や「木」などの素材を活用。コンコース階には大きな吹き抜けを用意し、駅と街を一体的な空間として演出することで新しい街の魅力を発信する。