西武鉄道40000系完成、Wi-Fi導入や中づり廃止も

写真拡大

西武鉄道は9月8日、2017年春から順次運転を開始する新型通勤車両40000系のうち、2016年度製作導入編成車両が完成したと発表した。

2016年度製作導入編成車両では、客室内から中づり広告をなくし、広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」を設置。17インチディスプレイを2面横に並べ、1両あたり12〜16面(1編成あたり合計156面)を設置して、視認性向上を図る。

また、車両内に「SEIBU FREE Wi-Fi」および「電源コンセント」を導入し、快適な移動時間を過ごせるほか、観光地へ向かう長距離区間でも安心して利用できるよう、「トイレ」も設置する。

そのほか40000系車両では、「仕事も遊びも」「暮らしも観光も」といったさまざまなシーンを想定し、通勤車両としてだけでなく、観光車両としても利用できるよう、一部の編成で「ロング・クロスシート転換車両」を西武鉄道としては初めて導入。

さらに「車いす」や「ベビーカー」利用者や、買い物・旅行などで「大きな荷物」がある人でも安心・快適に利用できるスペース「パートナーゾーン」を設置した。

なお、同社は2016〜2019年度に、この40000系を80両、順次導入する予定だ。