【動画】車いすで大ジャンプ! パラリンピック開会式を熱狂させた離れ業に驚きの声が続出「鳥肌すぎる」

写真拡大

2016年9月7日(日本時間8日)、いよいよリオデジャネイロ・パラリンピックが開幕した。これから12日間に渡って繰り広げられるアツい戦いに先駆け、マラカナン競技場で開会式が行われたのだが、現在カウントダウン演出に驚きを隠せない人が続出している。

というのも、車いすのアスリートが17メートルの高さから大ジャンプ! 全世界が注目する中、とんでもない離れ業が炸裂したからだ!

・ド迫力の演出

華麗なジャンプを見せたのは、車いすのエクストリーム競技で活躍するアーロン・ウィールズさん。彼がカウントダウンに合わせて滑走を始めると……な、なんと! スノーボード用のスロープからジャンプ! しかも、空中1回転するド迫力の演出を決めてみせたのである!

見事に大役を務めた彼、そして「0」をくぐり抜けるという粋な演出に、ネットでは以下のような声が見られた。一部を紹介すると……

・ネットの声

「かっこいいなあ!」
「これはすげえw」
「すっごーい、車椅子でのジャンプ!!」
「カウントダウン車椅子ジャンプ鳥肌すぎる」
「パラリンピック開会式。スロープを下ってジャンプする車椅子のショーがカッコイイな。」

などなど、会場を熱狂させたアクロバティックな演出に驚いていた。もし見逃したという人がいても大丈夫。YouTube で NHK が公開している動画「【NHKリオ】え?まさか!行っちゃうの?車いすで大ジャンプ!」で確認できるのでチェックしてみよう!

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る