サンクスにGO!4週間限定「老舗コラボ抹茶スイーツ」食べてみた続編

写真拡大

コンビニスイーツのなかでも、クオリティの高さに定評がある『サークルKサンクス』の『Cherie Dolce』シリーズ。

前回、「これがサンクスの本気!京都の老舗とコラボした抹茶スイーツがうますぎ」でご紹介した『Cherie Dolce』の新商品に続き、今回も同じく京都宇治の老舗茶舗『上林春松本店』監修の抹茶スイーツ、『抹茶モンブラン』と『抹茶シュークリーム』のレポートをお届けしたいと思います。

■最後まで楽しめる4層仕立ての『抹茶モンブラン』

秋の定番スイーツ・モンブランを抹茶仕立てにした『抹茶モンブラン』が登場です。

鮮やかなグリーンの色合いが美しい抹茶モンブランクリームの下には、ホイップクリーム、抹茶ムース、抹茶ゼリーが重なった抹茶づくしの贅沢な4層仕立て。

『抹茶モンブラン』(税込298円)/326kcal

普通、4層仕立てあれば透明なカップで重なり合った層を見せるのが主流だと思いますが、そこは老舗茶舗監修。和の雰囲気を演出する黒いカップが斬新ですよね。

どうですか、この抹茶モンブランクリームの美しい深緑。これは、抹茶好きにはたまりません!

お口に入れると、優しい甘みがふわーっと広がります。鮮やかな色に対し香りは少なめ。抹茶好きとしては、ここはもう少し香りが欲しいところですが……。

モンブランクリームのすぐ下にある2層目のホイップクリームには、カリカリのクランチが隠れていました! 歯ごたえのある食感がいいアクセントとなっています。

3層目の抹茶ムースは、ムースにしては少し硬め。この抹茶ムースが結構甘いのですが、それにはちゃんとした理由が……!

実は、最後の4層目の抹茶ゼリーが、ほろ苦く非常にあっさりとして甘さ控えめなのです。抹茶ムースと一緒に食べることによって、甘さの差がお口のなかで面白い味わいに。抹茶ゼリーは、抹茶独特の爽やかな香りもします。

最後まで食べ進めるのが楽しい『抹茶モンブラン』、ぜひお試しあれ。

■Wクリームの満足感! 『抹茶シュークリーム』

続いては、クリームたっぷりの抹茶シュークリーム。優しい甘みの生クリームとほんのり抹茶風味が漂う重みのある抹茶クリームのWクリーム仕立てです。

『抹茶シュークリーム』(税込150円)/

【北海道・九州】217kcal、【北海道・九州除く全国】212kcal

外側のシュー生地は、非常に柔らかくてふわふわです。手で持つと形が崩れてしまいそうで、中のクリームの質感が手に伝わってくるほど。

ぱかっと2つに割ってみると、真っ白なクリームと濃い抹茶クリームがすき間なくぎっしり! どちらも非常に滑らかで舌触りのよさが特徴。甘みと苦みが絶妙なバランスです。

片手いっぱいに乗るほどの大きさなので、ひとつ食べればお腹いっぱいに。ランチ後のデザートなどにはちょっと重めかもしれないので、3時のおやつなどにおすすめですよ。

いかがでしたか? 前回ご紹介した2つのスイーツ同様、こちらも10月3日まで全国のサークルKとサンクスでの期間限定発売されるそうなので、気になる方はぜひ一度食べてみてくださいね!