写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで8日、9月9日〜10月31日に開催される秋のスペシャルイベントディズニー・ハロウィーン」のプレスプレビューが行われ、東京ディズニーシーでは、ディズニーヴィランズ(悪役)が主役のハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド〜ウィッシュ・アンド・ディザイア〜」がお披露目された。

「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」を開催中の東京ディズニーシーでは、今年も"ヴィランズ一色のクールで妖しいハロウィーン"をテーマに開催。妖しげな異空間に変貌したパークで、ディズニーヴィランズが、ミッキーやディズニーの仲間たちと、ヴィランズ流に15周年のハロウィーンをお祝いする。

メディテレーニアンハーバーでは、ヴィランズ流のハロウィーン・パーティーが楽しめるハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド〜ウィッシュ・アンド・ディザイア〜」をお披露目。『白雪姫』のウィックド・クィーン、『ピーター・パン』のキャプテン・フック、『眠れる森の美女』のマレフィセントをはじめとするヴィランズを乗せた5隻の船が登場し、それぞれのヴィランズが自分たちの魅力をアピールするパフォーマンスで存在感を放った。

スペシャルゲストとして、ヴィランズから招待されたディズニーの仲間たちも登場。ミニーは女王、ミッキーは海賊、グーフィーは魔術師と、それぞれヴィランズをイメージしたコスチューム姿でパーティーを盛り上げた。終盤には、ヴィランズ流にアレンジされた15周年のテーマソングが流れ、ミッキーたちはそれぞれの"ウィッシュ(願い)"について語り出し、フィナーレではディズニーの仲間たちがステージに集結。ラストは船に乗り込み、ゲストにあいさつしながらハーバーを後にした。

東京ディズニーシーでは、「ザ・ヴィランズ・ワールド〜ウィッシュ・アンド・ディザイア〜」のほか、シャバーンとアシームたち、また、ヴィランズの手下たちによるアトモスフィア・エンターテインメントなどもお披露目された。

一方、"ハロウィーン・ミュージックフェスティバル"にテーマを一新した東京ディズニーランドでは、新パレード「ハロウィーン・ポップンライブ」を初披露。ディズニーの仲間たちが、ポップスやラテン、ロックなどのさまざまなジャンルの音楽に合わせ、楽しいパフォーマンスを繰り広げた。