8日、韓国メディアによると、日韓首脳会談で安倍晋三首相が、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去問題に言及したとする一部の日本メディアの報道に対し、韓国大統領府は「安倍首相の発言について確認することは適切でない」と述べた。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2016年9月8日、韓国・ニューシスによると、安倍晋三首相が7日午後(現地時間)に開かれた韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談で、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去問題に言及したとする一部の日本メディアの報道に対し、韓国大統領府は「安倍首相の発言について確認することは適切でない」と述べた。

一部の日本メディアによると、安倍首相はラオス・ビエンチャンで開かれた日韓首脳会談で、「慰安婦像の問題を含め、合意の着実な履行に向けた努力をお願いしたい」と述べた。これに対し、朴大統領は「日韓合意を着実に実施していくことが重要だ」と述べ、慰安婦像については言及しなかったという。

これについて、韓国大統領府の関係者は「朴大統領は慰安像について言及しなかった。昨年末の日韓合意を誠実に履行し、両国関係を発展させていきたいという趣旨の発言をした」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「首脳会談の内容を確認することが不適切?韓国はまだ日本の植民地なの?」
「韓国国民は韓国政府より日本のメディアを信じる」

「確認もできないなんて…。一体どこの国の大統領府?」
「大統領には賢い人を選ばなければならない。他人の発言を瞬時に理解できず、用意された台本を読んでいるようでは駄目」

「裏では『慰安婦像の撤去』に合意したの?もしそうなら大統領の弾劾手続きに入らなければ!」
「国民に言っているように、『政府が関与する問題じゃない』となぜ言えない?」

「政権が変われば日韓合意の内容も明らかになる」
「安倍首相が首脳会談でうそを言うはずがない。朴大統領は慰安婦像の撤去を約束したのだろう」

「日本は誠実に履行した。次は韓国の番!」
「大統領には許す勇気も必要。慰安像を早く撤去して未来に進もう」(翻訳・編集/堂本)