これまでのトラブル投稿でも、困ったときにたびたび登場してくれたのが「自治会長(町内会長)」さん。スパッともめ事を解決してくれる人もいれば、逆に話をややこしくする人もいるなど、その「頼れる度」は個人差があるけれど......。

兵庫県のIさん(30代男性、会社員)は、以前自治会長を務めた経験がある。やはりその任期は、トラブルとの戦い続きだったそうだ。

対処に困ってしまうこともしばしば

数年ほど前、地区の自治会長の仕事が私に回ってきました。「まだ若輩者ですし......」と一応ご遠慮したのですが、「まあ、持ち回りなんだから。Iさんなら大丈夫大丈夫」と、割と有無を言わさず(笑)就任させられてしまいました。

任期は1年間。「こりゃあ大変そうだな......」と思ってましたが、案の定やってみると、いろんなもめ事がひっきりなし。対処に困ってしまうこともしょっちゅうでした。

画像はイメージです(m-louisさん撮影、Flickrより)

実際に来た相談をいくつか紹介しましょうか。

「隣の家の人が路駐してる! 迷惑だ!」

これはよくありましたね。停めてる人も軽い気持ちでやっているんでしょうが、うちの地区は道路も狭いですし、結構困るんです。まずは本人にお伝えして、それでも続く場合は「次に発見したら通報します」という紙を車に貼ることで対応。だいたいはこれで解決しました。

「隣の家が野良猫にエサをやってる!」

これも面倒でした。本人はかわいいからいいのかもしれませんが、周りはフンやらなんやらで迷惑ですからね......。これも何度か注意して、ひとまず沈静化させました。

「お隣がギターを弾いててうるさい! なんとかして!」

アパートと、隣接する一軒家でのトラブルです。ギターを弾いてたのは、アパートで一人暮らししていた学生さんでした。「弾いてもいいですけど、時間帯は考えてくださいね」とお伝えして、とりあえず納得してもらいました。

「公園で遊ぶ子どもがうるさい!」

今まで挙げた例は、まあ比較的すんなり解決した方ですが、もちろん面倒だったケースもいろいろあります。

「回覧板の回し方がなっていない!」

これは何度も言われました。「隣がなかなか回さなくて止まってしまう」とか、「ハンコを押してくれない家がある」とか......。いい加減な人にも困りますが、いろいろ細かすぎる人もいて、それはそれで困るんですよね。結局、「常識的な対応を」と皆さんに呼びかけるほかありませんでした。

「近所の公園で子どもが遊んでて、うるさい! やめさせろ!」

本当にいるんですよ、こういう人。子どもなんだから仕方ねえだろ!と言ってやりたかったところですが(笑)、「あなたが引っ越してくる前から公園はありましたよね? わかってて家を買ったんだから、しょうがなくないですか?」と理詰めで話して、なんとかわかってもらいました。

ゴミステーションで見張りをする羽目に

「ゴミ捨てのマナーが悪い!」

一番大変だったのはこれですね。「夜中に出す人がいる」「分別せずに出す人がいる」「当番なのに掃除しない人がいる」――もう、挙げていったらキリがありません。結局、しばらくの間私がゴミステーションに立って「見張り」をする羽目に。おかげで、だいぶマシにはなりましたが......。

こうして考えると、たった1年の話とは思えないくらいいろいろありましたね。自治会長、しばらくは遠慮したいです(笑)。

もっともどうしても話が通じない、なんてことはなく、常識的に話をすれば分かり合えることがほとんどでした。これを読んでいるトラブルを抱えている方、参考になれば。