写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクロミルは9月8日、来店客の満足度をリアルタイムで可視化し、現場での意思決定に繋げられるサービス「Satisfeeder(サティスフィーダー)」の提供を開始した。

「Satisfeeder」は、店舗の来店客に対し、インターネット上でアンケートを実施し、顧客の声を取得できるサービス。アンケートは、PC、スマートフォン、フィーチャーフォンなどのデバイスから回答できる。回答結果は、ダッシュボード上でリアルタイムに確認でき、店舗別やエリア別などで自由に集計することも可能。また、継続してモニタリングすることによって、平日・休日別、時間帯別の比較や、経年変化などを分析できる。

「Satisfeeder」は、マクロミルが年間25,000件を超える調査実績から培ったノウハウや、業界最先端のリサーチシステムを独自で開発してきた技術力を活かしています。今後は既存の顧客基盤を活かし、小売業や外食産業などの顧客向けに提供していく。

今後は、アンケートの回答結果を活用したプロモーション機能や、顧客の来店履歴とアンケートの回答結果を掛け合わせる機能などを搭載する予定だ。

(山本明日美)