「俳優の高倉健さんの映画が最優秀作品賞を受賞しました」と宇垣美里アナが伝える。2014年に亡くなった高倉健の人生を追った映画「健さん」がカナダ・モントリオール世界映画祭のワールドドキュメンタリー部門で、最優秀作品賞を受賞したという。

映画はハリウッド俳優のマイケル・ダグラスや山田洋次監督をはじめとする、国内外の著名な俳優や監督など20人以上にインタビューをしている。映画の中で健さんは「どんなに大声を出しても、伝わらないものは伝わらない。言葉は少ないほうが、むしろ伝わるというふうに思っています」「漫然と生きるのではなく、一生懸命、生きる男を演じたいと思います」と語っている。