8日、中国メディアの新浪が、中国経済を悲観する理由は何もないと主張する専門家の意見を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年9月8日、中国メディアの新浪が、中国経済を悲観する理由は何もないと主張する専門家の意見を掲載した。

北京大学国家発展研究院院長の姚洋(ヤオ・ヤン)教授は、この先30年は、中国の科学技術が先進国に全面的に追いつく時となり、多くの発展途上国にとっては圧力になると主張。中国のイノベーション能力は高く、20年後に中国の前を行く国は、米国、日本、ドイツだけであり、その他の国は中国に追い抜かれるだろうとした。

この記事が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ほら吹きだけはとっくの昔に世界一になっている」
「井の中の蛙、夜郎自大という言葉を思い出した」

「数十年前にも英米を超えると言っていたが、差は開くばかりだ」
「専門家が大きなことを言うとものすごく不安になる」

「餌をもらうために専門家も一生懸命なんだな」
「不動産でもうけた世代に希望なんてないさ。でもゴマすりの専門家にはいつまでも金もうけの機会がある」

「パクリ国家のどこにイノベーションなどというものがあるのか」
「この専門家はチャイナドリームを見ているのか?それとも笑い話を言っているのか?」

「国は強大になっても庶民が幸福でないなら真の強さといえるのだろうか」
「企業の資金がみんな不動産市場へ流れた結果、実業の低迷と不動産価格の高騰を招いたのに、どこに悲観的にならない理由があるんだ?」(翻訳・編集/山中)