3アンダーの好スタートを切った森美穂(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日◇8日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>
 8日(木)に北海道CCで開幕を迎えた国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」。その初日、午前組の全選手がホールアウト。現時点でトータル3アンダーの森美穂が単独首位に立っている。
森美穂、イ・ボミのラウンドの様子はライブフォトでチェック!
 国内ツアー最長のヤーデージに加え、台風などの影響で長く伸びたラフに選手達は苦戦を強いられているが、森美穂は序盤から安定したプレーを披露。特に後半は2バーディ・ノーボギーとスコアを伸ばし、“69”と上々のスコアで初日を終えた。
 1打差の暫定2位タイに鈴木愛、渡邉彩香、酒井美紀の3人。2打差の5位タイには有村智恵、佐伯三貴ら7人がついている。
 午後組のINから出たイ・ボミは現在14番ホールをプレー中、イーブンパー・12位タイの位置にいる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞・特別編】渦巻くラフ、難コースで求められるのは「ボギーを受け入れる“力”」
キャスコ『KIRA KLENOT』に新色“オレンジトパーズ”が登場
続々追加中!女子プロ写真館