写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマトホールディングスは9月8日、スピード輸送ネットワークと付加価値機能を一体化させる総合物流ターミナルとして愛知県豊田市で建設を進めていた「中部ゲートウェイ(中部GW)」を竣工したと発表した。本格稼働開始は10月1日を予定している。

中部GWは、敷地面積3万6996平米に鉄骨造6階建て延床面積6万4980平米の建屋を建設。入居企業はヤマト運輸、ヤマトグローバルエキスプレス、ヤマトロジスティクス、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、ヤマトフィナンシャル、ヤマトボックスチャーターの6社。環境対応設備・事業継続対応として太陽光発電、非常用発電機、ヤード部分も含めた入退館管理、全館空調、免震構造などを採用している。

中部GWは、新東名高速道路(伊勢湾岸自動車道)豊田南ICに近く、名古屋港まで約30分、中部国際空港セントレアまで約45分と県内外からの交通利便性に優れた場所に立地している。同GWが稼働することで、羽田クロノゲート(東京都大田区)・厚木GW(神奈川県厚木市)・中部GW間での多頻度幹線輸送ができ、関東・中部間の宅急便の当日配達が可能となった。

また、入居するグループ会社6社によるマージ、キッティングなどの付加価値機能と24時間稼働の最新鋭マテハン設備、航空便やJITボックスチャーター便などの各輸送モードを連携することで、企業物流に新たなスピードと付加価値を提供するとしている。今後、2017年秋に建設中の関西ゲートウェイを稼働させ、東名阪の主要都市間での宅急便の当日配達を実現するという。

(岩井 健太)