毎回好評をいただいている銀座の美人ママによるメルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』。今回は、利美ママがよくレクチャーを頼まれると言う「名刺の整理方法」について。交換したはいいけれど、名刺と相手の顔が一致しなければただの紙切れにすぎません。そうならないために、利美ママが長年行っている保管法とは…?

名刺の扱い方

社会人になると名刺の交換をする機会が多くなることと思います。

マナー研修などで名刺の交換の仕方は習うことがあっても、その後の名刺の扱い方、整理の仕方まで教えてもらうことはないのではないでしょうか?

名刺には有効期限があります。

私が社会人になり肌で感じる名刺の有効期限は長くても一週間です。

縁を繋ぎ運を運んでくれる名刺も大切に扱わなければ、たった一週間でただの紙切れになってしまいます。

そうなってしまわない為の名刺整理のコンサルティングもさせて頂くことがあるのですが、その時にお伝えしていることを書かせて頂こうと思います。

お名刺を交換したその日のうちか次の日にはお名刺を見直し、必要だと思ういくつかの行動をした後に名刺ファイルをすることをおススメしています。

名刺を整理する時には、先ずは頂いたお名刺の表の余白に直接2016年10月22日というように西暦で日付を書きます。

西暦で書く理由は平成などの年号でかいてしまうと保管している間に年号が変わってしまった時などに混乱しない為です。

なので、西暦で書いたり年号で書いたりその時によって変えたりせず統一するようにしましょう。

それと、もうひとつお名刺に直接書き添えるのは

「どこの」

「だれに」

ご紹介を頂いたかということ。

お名刺を頂いた方を紹介して下さった方の会社名とお名前を

「○○株式会社 ○○様」

のように書き添えます。

出来ればお名前は苗字だけでなく下の名前も書き添えるようにしましょう。

下の名前を書くことでご紹介者さまの名字だけでなく下の名前を覚える機会を増やすことができます。

苗字だけでなくふとした瞬間に下の名前まで覚えていることを相手が気がつくことがあれば喜んで下さるからです。

また、頂いた名刺を自分以外の人が目にすることがあるかもしれません。

人の名前をメモに書いたりする時と同じで

「様」「さま」「さん」

などの敬称を書き添えることを忘れずに。

お名刺に直接書き添えていい項目だと私が考えているのは以上のことです。

直接お名刺に書いたことは、万が一、名刺ファイルからそのお名刺がこぼれ落ちてしまった時に元の位置に戻す時にも役に立ちます。

お名刺を頂いた人を記憶するために、その人の特徴などをお名刺に直接書かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分以外の誰かの目に触れた時に色んなことが書かれていることは見栄えもよくありません。

もし、その人を記憶するために特徴を書いたり、覚えておいたら次にお会いした時やメールなどを送らせていただく時にいいと思う内容は、名刺サイズのメモ用紙を用意しておいてそこに書き、名刺ファイルする時はお名刺の下にして一緒に名刺ファイルに入れておきましょう。

記憶するためにその人の特徴や話した内容をメモをする時には、書いた内容が本人が読んでも不愉快になることのない書き方をしましょう。

名刺サイズのメモも、名刺ファイルから何かの拍子に落ちてしまうことがあるかもしれません。

ですので、メモにはメモを書いた方の会社名、お名前、メモを書いた日を書いておきましょう。

メモを書いた日を書き添えるのは、後日、メモした古いものが必要ではなくなった時に破棄するかしないかの判断材料になるからです。

お名刺を頂いたら連絡先を色んな形で保存すると思います。

スマートフォンの電話帳やアプリやソフトなどのデジタルで管理する時にはメモ欄や備考欄があると思うので、そこには上記でメモした内容を入れておくこともおススメします。

image by: Shutterstock

 

『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』

10歳の時の夢を叶え銀座のオーナーママになった利美ママのメールマガジン。22年間、夜の銀座でたくさんの男女と出会ってきたからこそ知っている人との接し方や心遣い、恋愛や結婚などの男女の関係や仕事での人間関係などが上手くいく秘密、銀座界隈でのデートや接待でつかえるお店や誕生日やお祝い事、ちょっとしたお礼に喜んで頂けているプレゼントなども紹介します。初月無料。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!