7日、韓国メディアによると、長崎県対馬市で登山中に行方不明となった70代の韓国人男性が3日ぶりに救助された。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年9月7日、韓国・聯合ニュースによると、長崎県対馬市で登山中に行方不明となった70代の韓国人男性が3日ぶりに救助された。

在福岡韓国総領事館によると、今月4日に対馬市美津島町の白岳を登山中に行方不明となったキムさん(72)が7日午前9時ごろ、捜索活動をしていた自衛隊に発見され、救助された。キムさんにけがはなく、健康状態にも問題はないという。

キムさんが行方不明となった直後から、日本の警察、自衛隊、消防隊、民間の消防団ら約300人が捜索活動を続けていた。7日にはヘリコプター6台が動員され、キムさんは登山道から少し離れた場所で発見された。キムさんは3日間、水だけで飢えをしのいだという。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「無事に救助されて本当に良かった。ありがとう、日本!」
「300人!?日本の協力に感謝」

「外国人観光客1人のために300人。感動した!」
「ヘリ6台と300人もの人を動員した日本当局の姿勢は尊敬に値する」
「正直、遭難した場所が日本だったから助かった」

「今回ばかりは日本の対応を褒めてあげたい」
「薬草でも探していたのか?とにかく見つかって良かった」
「行くなと言われた場所に行き、他国に迷惑を掛けるなんて情けない。遭難する人は大体、登山道以外の道を行こうとして事故を起こす」

「韓国だったら、警察は『急を要する事件じゃないから少し様子を見よう』と言って、3日後に捜索を始めるだろう」
「やっぱり日本は先進国!領土問題より人の命を大事に考える」(翻訳・編集/堂本)