ダイハツ、ムーヴ キャンバス発表に高畑充希さんが登場。「育自ウーマン」がターゲット!?

写真拡大

「私、見た目だけで好きになるほど、子どもじゃないのよ。」
と、9月7日に発売が開始された、ダイハツの新型軽乗用車「MOVE CANBUS」のCMで、男性に言い放つのは、女優の高畑充希さん。
この台詞が表す通り、「ムーヴ キャンバス」のこだわりは、愛らしさのあるデザインに加え、見た目だけじゃなく、気の利いた機能が搭載されているところ。見た目だけで恋していた十代とは違い、オトナになると、やっぱり性格=性能も重要な"胸キュン"ポイントになってくる。そう、なんだかんだ言って歳と共に欲張りにもなってくるモノなんですよね。

ということで、「ムーヴ キャンバス」の「CANBUS」はナチュラルで丈夫な帆布の意味もあるが、それとは別に「出来る=CAN、ミニバス=BUS」を掛け合わせた言葉を持ち、自身のライフスタイルを楽しんでいる女性をターゲットに、企画、開発されたのことだ。そんな、欲張りな女性をターゲットにした、「ムーヴ キャンバス」の発表会が、9月7日に東京国際フォーラムにて開催された。

まず最初に登壇したのは、マーケティングライターで、トレンド評論家の牛窪恵さん。「おひとりさまマーケット」や、「草食男子」という言葉を生み出したその人だ。ムーヴ キャンバスは、近年の女性の行動特性に着目し開発されたということにちなみ、多様化する女性の生き方と、ライフスタイルについて解説。ターゲットである、30代前後の未婚の女性であり、親と同居をしている世代を紐解いた。
女性の社会進出によって増加した、結婚しない女性、さらには結婚しても仕事を続ける女性たちは、さまざまな局面で「葛藤」と「自分磨き」を繰り返し、自分というモノを確立している。自分磨きとは、未来の自分への自己投資であり、自分の生き方に前向きであり、成長への投資を怠らない、いわゆる「意識が高い」女性たちが多いとのこと。

自分の生き方やセンス、欲望に素直で、オンラインとオフの情報を上手く使い分け、さらには、自分磨きや自己投資を怠らす、アクティブに新しい何かを追い求める...そんな自分の成長に前向きな女性たちを、牛窪さんは育児ならぬ「育自ウーマン」と命名。

欲望に素直な「育自ウーマン」が満足する軽自動車。たとえば、荷物の積み込みだったり、ちょっとしたモノを置くスペースであったり、移動のしやすさであったり...。さらには、XグレードとGグレードには「メイクアップ」と称したカスタマイズアイテムがオプションで用意されている。自分にも人にもワガママな女性でも満足出来る、見た目でも充分に選べるラインナップとなっているのだ。

【ギャラリー】DAIHATSU MOVE CANBUS (33枚)


クラス初の両側スライドドア、荷物とを積み込むまでの動作を最小限に抑えられる「置きラクレイアウト」を採用して使い勝手を向上。そんな使い勝手を次に登壇した、女優の高畑充希さんが再現。

両手がふさがっていても簡単にドアが開けられて、少ない動作で直ぐに運転席に滑り込める! と大満足の様子。「直ぐにでも走り出してしまいたいですね!」と楽しそうな笑顔でした。
さらには、後座シート下に「置きラクボックス」を設置。

シート下に収まる引き出しとしての「ケースモード」と、転倒しやすいモノも安定して積める、中敷きを立ち上げた「バスケットモード」どちらも使い勝手がよさそうだ。コレがあれば、ケーキを買ってもずっと抱えていなくても良くなるのです。これは便利!

さらに、会場にはさまざまなシーンをイメージしたキャンバスが展示され、それぞれの世界観を表現していた。

ヨガマットを積んで海へ! クラシックタイプのルーフキャリアにウッド調のデカール、アルミホイールセットといったオプション装着車。ちょっとオールドタイプのミニバンができあがり!

こちらは、愛犬と一緒にお出かけ! 簡単に脱着できて、洗えるシートクロスを装着。これなら汚れも気にならない。シートも着替えたいという女性にピッタリ。

キャンプやDYIもお手のもの。荷物を積むのも楽々!

カラーバリエーションはツートンカラーのストライプが8色、モノカラーが9色と全部で17色を用意。

これからオンエアされる、キュートな高畑充希さんのCMにも注目です。
世の中の「育自ウーマン」よ羽ばたけ〜!

■ダイハツ 公式サイト:ムーヴ キャンバス