『昭和天皇独白録』(寺崎 英成/マリコ・テラサキ・ミラー編、文春文庫)

写真拡大

■『昭和天皇独白録』(寺崎 英成/マリコ・テラサキ・ミラー編)

本書は、昭和21年3〜4月にかけて、太平洋戦争の原因や終戦に至るまでの経緯について、昭和天皇陛下がご自身のご記憶を元に側近に語られた内容を、日米開戦まで在米国日本大使館書記官として日米開戦回避に尽力し、戦後、宮内省御用掛として昭和天皇陛下にお仕えした寺崎英成氏が記録したものである。

筆者は、毎年、夏の時期になると決まってこの本を読むことにしており、初版はいささか古いものの、皆様にもおすすめしたい本としてここで紹介する。

立憲君主主義の精神を貫かれる

本書は、まず、太平洋戦争の遠因についての陛下の分析にはじまり、張作霖爆殺事件、ロンドン海軍軍縮会議、上海事件、天皇機関説問題、二・二六事件、日中戦争、ノモンハン事件、三国同盟、南仏印進駐、日米開戦など様々な事案についてのお考えや姿勢、時の内閣や重臣に対する人物評、そして、終戦に向けた御前会議の回顧等を経て、日米開戦や終戦の御聖断に至った理由で結ばれている。

「独白録」全体を通じて一貫して読み取れることとしては、昭和天皇陛下が、大日本帝国憲法下において、如何に立憲君主主義の精神を貫こうとされていたかにある。特に、日中の早期講話、日独伊三国軍事同盟や日米開戦に際して、賛同しかねるといった懸念・注意・示唆を臣下に何度も示されながらも、ついに泥沼の戦争に入ってしまった訳だが、その背景には、「独白録」の結論でも述べられたように「開戦の際東条内閣の決定を私が裁可したのは立憲政治下に於る立憲君主として已むを得ぬ事である。若し己が好む所は裁可し、好まざる所は裁可しないとすれば、之は専制君主と何等異なる所はない。」とのお考えが色濃く出ている。

「独白録」によれば、昭和天皇陛下は、張作霖爆殺事件への処罰を巡って田中義一総理を叱責され、これを受けて田中総理が総辞職したこと、イギリス式の立憲君主方式を理想とする西園寺公に「自分の意見を直接に表明すべきでない」と戒められたという「苦い経験」をされた。このことから、二・二六事件に際して叛乱将校を真っ先に「叛軍」と断じ、鎮圧を命ぜられたときと、終戦前夜、ポツダム宣言受諾を巡って内閣の意見がまとまらず、ご聖断を仰いだ際の二度の例外を除き、「この事件あつて以来、私は内閣の上奏する所のものは仮令自分が反対の意見を持つてゐても裁可を与へる事に決心した」と述懐されている。

また、日本の軍国化・右傾化が進展する中、仮に昭和天皇陛下が、英米との戦争は回避し、交渉により平和的に解決しようとすれば、精鋭な軍備を誇りながら、ムザムザ英米に屈服することを潔しとしない軍部がクーデターを起こし、陛下や重臣を幽閉するといった騒乱を招きかねない非常に不穏な空気が強かったことも陛下のご判断の背景にあることも随所にうかがえる。

本書のエピソードを通じて、昭和天皇陛下が、近代的な立憲君主としての責務を果たさなければならないという意識を強く持たれていたことが伺われるのは趣き深いところである。他方で、立憲君主として思うところを差し控えざるを得なかったゆえに戦争の災禍が拡大してしまったのは、何ともやるせないものがある。

現代にも通じる「敗戦の原因」

もう一点、興味深いこととして、敗戦の原因として以下の四つの点が挙げられている。

「第一、兵法の研究が不十分であつた事、即孫子の、敵を知り、己を知らねば(ママ)、百戦危うからずといふ根本原理を体得してゐなかつたこと。

第二、余りに精神に重きを置き過ぎて科学の力を軽視したこと。

第三、陸海軍の不一致。

第四、常識ある主脳者(ママ)の存在しなかつた事。往年の山縣、大山、山本権兵衛と云ふ様な大人物に缺け、政戦両略の不充分の点が多く、且軍の主脳者の多くは専門家であつて部下統率の力量に缺け、所謂下克上の状態を招いた事。」

要するに、自己の実力を過信し彼我の戦力や国際情勢の把握とそれに基づく戦略が欠如していたこと、科学的発想の不足、組織同士の連携の悪さ、リーダーシップの不足ということであり、如何に昭和天皇陛下が的確な認識を持たれていたかがうかがい知れる。これらの点はいずれも、現在の日本の外交・内政のみならず社会全般に通じるものであり、現代に生きる我々としても常に意識すべき点であることは言うまでもない。

1990年12月号の「文藝春秋」で全文発表されて以来、本書が何のために記録されたかを巡っては、専門家の間でも単に記録として留めたものとするものや、東京裁判において天皇陛下の戦争責任が問われないように論証するために作成されたものとする解釈など様々ある。この書評では、その歴史的評価には立ち至るものではないが、いずれの解釈によるとしても、昭和天皇陛下が、様々な事象について、当時、どういう状況で、どういうことをお考えになったのか、自らのお言葉で語られた、極めて貴重な史料であることは言うまでもなかろう。

また、これほど冷静、かつ、的確な認識を持たれた昭和天皇陛下におかれても、日中戦争や太平洋戦争を避けられなかったのか、あるいはそのようなお方であったからこそ、紙一重で終戦を迎えることができたと考えるべきか、様々な評価があろうが、この本を通じて、自らの信念を持ち続け、機会をうかがいながら、的確な状況を認識のもと、大局観を持って判断することの大切さと難しさを学びとることができるのではないかと思う。

経済官庁 Z