どんなに強気を装ってみても、旧ユーゴスラビア出身の指揮官は初戦でUAEに敗れたことに、かなりのショックを受けていたに違いない。

 試合前に発表された先発メンバーを見て、そんなことを感じた。

 W杯アジア最終予選の第2戦となるアウェーのタイ戦。日本は前のUAE戦から先発メンバー3人を入れ替えた。

 FW岡崎慎司→FW浅野拓磨、MF清武弘嗣→FW原口元気、MF大島僚太→MF山口蛍。

 この先発変更にうかがえる意図は、中盤の守備のバランスを整え、そこで奪ったボールを速い攻撃につなげること。やや重心を後ろに下げ、慎重に戦おうという姿勢が見てとれた。「チームとしてどう守備をするか。中盤のバランスを意識してやった」とはDF森重真人の弁だ。

 UAE戦では、ボランチやサイドバックも加わり、人数をかけて相手を押し込んだが、ゴールはFKからのわずか1点にとどまった。そればかりか、むしろ中盤での守備がバランスを崩し、度々危ないカウンターに見舞われた。

 今回対戦したタイにしても、2トップは非常に技術が高く、カウンターの起点を作り出すことができる。ならば、むやみに前がかりになることなく、まずは中盤の守備を強化しようというわけだ。

 中盤での潰しやボール奪取に優れた山口をボランチに入れ、最前線にはスピードのある浅野を置く。現実的かつ妥当な選択をしたとも言えるし、腰が引けた弱気な選択をしたとも言える。

 その両方の見方ができることは、試合内容にもよく表れていた。中盤でのプレスは強まり、タイがカウンターに移ろうとしても、すぐに高い位置でボールを奪い返すシーンは増えた。だが、その一方でマイボールになったときに、それなりにパスはつながっていても、なかなかテンポが上がらず、リズムよく攻撃することができなかった。これは特に前半、ピッチを横に広く使い、押し込んではいるものの、1点しかゴールが奪えなかった要因である。

 結局、後半に入ると、チャンスがありながらゴールできない焦りから、攻撃が中央に偏る相変わらずの悪癖を露呈。行ったり来たりが激しい、落ち着かない試合展開に陥った。タイはUAEほど選手個々の能力が高くなかったため、大事には至らなかったが、相手関係を差し引いて評価すれば、UAE戦で見せた危うさが解消されてはいない。そう見るのが自然だ。

 これで日本は最終予選最初の2試合を終え、1勝1敗の勝ち点3。グループBで、ともに2連勝のオーストラリアとサウジアラビアに次ぐ3位につける。

 組み合わせが決まった時点で、2引き分けの勝ち点2もありうると考えていたので、現状はそれよりも勝ち点1多いが、相手に与えた勝ち点も1多い。事前に考えうる、最悪に近いスタートである。

 それでもヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「これから日本はより強くなってくれると思う」と、楽観的な見通しを口にする。

 今回の2試合は、「負傷者が出た」「所属クラブで90分プレーしていない選手がいた」「試合直前の合流になった選手がいた」といった、いくつかのマイナス要素を挙げ、「理想のフィジカルコンディションでなかった」とした。だからこそ、そうした要素が取り除かれていけば、今後はもっとよくなる、というのである。

 だが、果たして本当にそうだろうか。

 現状、所属クラブで90分プレーできていない選手の立場が、今後好転する保証はどこにもない。それどころか、ヨーロッパでのシビアなレギュラー争いを考えれば、立場を今よりも悪くする選手だって出てきかねない。

 ケガの発生を100%取り除くことなど不可能であり、直前合流にしても、国際Aマッチデーの日程上、今後も当然同じことは起こりうる。

 新シーズンが開幕したばかりの海外組がまだトップコンディションにないことは、一般論としては理解できるが、本当に状態が上がってくるかどうかは、もう少しシーズンが進んでみないことには判断できないのである。

 残念ながら、現時点で伸び盛りの若手が際立った活躍を見せてはいない以上、「日本がより強くなってくれる」理由は、ほとんど見当たらない。第一、「より強くなる」のは日本だけではないはずだ。

 それぞれの国が2試合ずつを戦い終え、おぼろげながらグループBの力関係が見えてきた。喜ぶべきか、悲しむべきか、久しぶりにハラハラドキドキの最終予選が見られることは、どうやら間違いなさそうである。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki