「御殿場プレミアム・アウトレット」さらに拡大

写真拡大

三菱地所・サイモンは9月7日、日本最大のアウトレット、「御殿場プレミアム・アウトレット」の第4期増設計画に着手すると発表した。これにより、2020年春には新たに約100店舗が加わることになる。

「御殿場プレミアム・アウトレット」は、日本国内最初のプレミアム・アウトレットとして、2000年7月に開業。2003年7月の第2期増設、2008年3月の第3期増設を経て、店舗面積約44,600平方メートル、約210店舗となった。

今回の第4期増設では約100店舗が加わり、合計で約300店舗に。日本最大のアウトレットがさらにパワーアップする予定だ。

また、第4期増設エリア内には、地上8階建て約180室の客室で構成され、客室の半数以上が富士山を一望できるロケーションの「小田急御殿場ホテル(仮称)を開業。そして、古民家風のデザインを採り入れ、富士山ビューの露天風呂や日本最大級の約20室の貸切個室露天風呂、レストランなどを用意する日帰り温泉施設「小田急御殿場温泉(仮称)」を併設する。