「不倫経験女性300人に聞いた」他の人が不倫しているのをみてどう思う?

写真拡大

もしかすると、今これを読んでいる女性の中には不倫真っ最中! という人もいるかもしれません。

様々な事情や背景があるにせよ、夫がいる身で浮気をすることは、結婚生活を破綻させかねない重大な裏切り行為になるのは間違いありませんよね。

不倫に対する考え方は、ひと昔前よりオープンになっている傾向があるとはいえ、一夫一妻制であるニッポンにおいては“不貞行為”そのもの。

不倫の事実が発覚すれば夫に呆れられるだけでなく、周囲の人たちからも白い目で見られるリスクが高いんです!

そこで今回は、探偵事務所の『MR』が「浮気・不倫経験アリ」な30歳〜49歳の女性300人に実施したリサーチ結果をもとに、“経験者からみた不倫への感想”をご紹介したいと思います。

 

■不倫経験者でも、約5人に2人が不倫に“反対”

同調査で「浮気や不倫をしている人をみて、どのように感じますか?」と質問をぶつけてみると、そこには意外な実態が浮き彫りに。

このアンケートは”不倫経験のある女性”を対象にしたにも関わらず、36%が「反対」という意思表示をしているんです。

明確な「賛成」はわずか12%にとどまり、「理解はする」が27%、「特にない」が25%という結果になりました。

不倫経験がある女性であっても、浮気をしている女性に対しては厳しい評価を持っている実情が……。では、嫌悪感を持つ背景はどのようなものなのでしょうか。

 

■経験者だからこそコトの重大さがわかる? 反対の理由

そこで、「反対」を選んだ人のコメントを見てみると、「自分のことは棚に上げてイライラします」という素直な声のほか、「お互いの伴侶が同意ならその人の勝手だと思うが、そうでないなら誰かを傷つけることになるのでやめるべき」という現実的な意見も。

自分が経験したからこそわかる、コトの重大さ。だからこそ「反対」している女性もいそうですよね。

周囲に不倫している女性がいると、「みんなやってるから平気」と感覚が麻痺してしまっている人もいるかもしれませんが、経験者であっても厳しい見方をするのが“不倫”の実態なんです。

では一方で、「賛成」という少数派の意見はどうなっているのでしょうか。

 

■賛成していても諸手を挙げているワケではない!

「賛成」の意思表示をした人のコメントで目立ったのは、「バレないように」という趣旨。

具体的には「好きになったならしょうがないと思うし、バレずにやってほしい」「ばれないように頑張ってと。浮気してるほうが、自分の家庭がうまく回っているならそれもありだと思う」という声がありました。

どうやら「賛成」とはいえ愛を貫くよう諸手を挙げて応援するワケではなく、「周囲には絶対にわからないようにすべき」という“ムシの良さ”を感じさせるコメントですね。

自分の経験から不倫を肯定してはいても、やはり「不倫はいけないこと」という大前提があることが読み取れます。

 

■不倫に至るには環境も影響する!?

不倫に至ってしまう原因として、環境が影響を及ぼしていることもあるそうです。

『WooRis』の過去記事「あなたは不倫体質の女?“なぜか不倫しやすい妻”の悲しい特徴4つ」では、夫が多忙で留守がちだったり、自由になるお金が多かったりすると不倫に走りやすい傾向をご紹介しました。

人間の行動が良くも悪くも状況に左右されるのは仕方のない事実……とはいえ、経験者であっても厳しい目を向けざるをえない“不倫”は、やはり、何が何でも避けるべき選択です。

もしも、不倫願望が沸いてきたら、自分の置かれている環境が影響していることもあり得ますので、まずは環境を改善することで、不倫願望から覚められるかもしれません。

 

いかがでしたか?

不倫経験者の女性であっても、不倫に対しては良いイメージを抱いていないのが実態です。

「周りがしているから、このくらいならイイよね」と感覚が麻痺しそうになっていた女性は、改めて現実を見つめるいい機会になるのではないでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 世の妻が「不倫に陥りやすいオトコ」…3人に1人が嵌った男性の特徴は?

※ 2位は帰宅時の笑顔の出迎え!夫が「密かに妻に求めている」愛情表現1位は?

※ トマトに砂糖かけてる!「夫の実家」訪問の頻度や驚いた習慣の違いなど…妻の本音

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ ショック…円満ラブ夫婦の秘訣は「共働き妻泣かせ」だった!?

 

【参考】

※ 浮気・不倫についてのアンケート調査 - 株式会社MR

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / Shutterstock