脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。累計38万部突破のシリーズ『0歳からみるみる賢くなる55の心得』『1歳からみるみる頭がよくなる51の方法』『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。 【脳研工房HP】www.umanma.co.jp/

ソニー創業者・井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』や、『0歳からみるみる賢くなる55の心得』などが大人気の「脳科学の権威」久保田競氏と「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏。これまで、長らく、育脳教育の最重要指針に「早期からの算数力アップ」を掲げてきた。
そして、84歳になったばかりの注目書籍『小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣――お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!「お経式暗算法」ミラクルシート付き』が発売たちまち大反響!アマゾン第1位(「教育・学参・受験」&「子育て」ジャンル)となった。
オビには「2歳でも小1の算数がとける!」という衝撃的なコピーがあり、最新脳科学に基づく「お経式暗算法」を取り入れた、世界初!?のメソッドで、お湯につけるとピタッとつく「お風呂に貼れるミラクルシート付き」だという。
カヨ子式「見栄のウソ」「方便のウソ」を100%言わせない働きかけを教えてもらおう。

親の精神修養も必要

 子どもは、言葉で自分の気持ちを伝えられるようになると、いろいろなことをイメージして描くこともできるようになります。

 親を驚かせるようなイメージを抱き、言葉で表現してきます。

 子どもの話に一瞬巻き込まれるものの、「本当に?いつ?」と、ウソかホントか一瞬では判断できないことがあります。

 たとえば……
「これどうしたの?」
「●●ちゃんがくれたの」
「このお菓子、ひとりで食べたの?」
「▲▲兄ちゃんが食べた」

 という場合、●●ちゃんが隣の年下の子だとすると、そんなはずはないでしょう。

 ▲▲兄ちゃんが遠くにいる従兄弟だとしたら、ウソだと判断できます。

「見栄のウソ」も、「方便のウソ」も大人専用です。
 幼児にこの手のウソは許しません。

 しかし、あまりヒステリックに怒ってみたり、長々と過去のことまで持ち出してお説教したりすると、大人用のウソを早々と身につけてしまいます。

「見栄のウソ」も「方便のウソ」も、早く現実から逃れたいからで、これが高じて身勝手で他人に害の及ぶウソを身につけるようになります。

 こうしたウソは、早くから覚えてもらいたくないものです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)