せっかく気に入ったデザインのアクセサリーがあっても、金属アレルギーのために選択の幅が狭まっている人も多いはず。『blanco(ブランコ)』はそんな敏感な人のための次世代アクセサリーブランドだ。

■手術用メス等の医療用器具にも使用される「ステン316L」を使用してアレルギー・リスクを最小限に!

アクセサリー、中でもピアスは肌との密着度が高いために金属アレルギーの反応が出やすいもの。そのためチタンや高価な金などの反応しにくい素材を使っているかどうかが、ピアス選びの第一に来てしまっていたのでは? ところがそうなると素材感はどうしても二の次になってしまう…。


そこで株式会社Royt(東京都新宿区)の展開する金属アレルギー対策済アクセサリーブランド『blanco(ブランコ)』。手術用メス等の医療用器具にも用いられるステン316Lが素材の「EVER METAL(エバーメタル)(※製作を手がける株式会社臥竜の取得商標)」を使用することによって、ステンレスの輝きが好きでも諦めてきた人に希望を与えてくれるのだ。もちろん全ての人にアレルギーが起こらないというわけではないけれど、頭から諦める必要がないというのは大きい。


ちなみにこのステン316Lという素材は錆びにくくくすみにくいため、海でも楽しめるというのも特徴だ。ステン316L素材のアクセサリー自体は他メーカーでも発売されているが、『blanco(ブランコ)』はより繊細なディテール・デザインを施しているところが違い。実際にこれまでのステン316L製アクセサリーはごついイメージのものが多く、『blanco(ブランコ)』のように女性使用に最適なデザインは少ない。

 

その秘密は窯。これまで細かい加工が難しいとされてきた硬いステンレスを、独自の特殊窯にて熟練の職人技術で加工することによって繊細なデザインが可能になったというから素晴らしい。それでは具体的に3製品を見ていこう。

「Crane」
(2個・希望小売価格 税込3,888円)


元『Happie nuts(ハピーナッツ)』誌(インフォレスト/ネコ・パブリッシング)専属モデルの尾崎紗代子とコラボして生まれたのが、この折り鶴モチーフの「Crane」。


折り鶴モチーフの立体的で繊細なデザインが和風な趣きも醸し出す、個性的なピアス。ピアス・モチーフとしてはクセが強すぎて、重そうな見た目だが、実際に使ってみるとちょうど良い重みで装着感は良かった。ゆらゆら揺れる、その重みが心地良い。


見た目の印象も違和感がなく、細部を見ると折り鶴のくちばしやしっぽ、中央の空気を入れる部分の繊細な立体感が見事。このミニマムなニュアンス表現は、ぜひ近くでじっくり見てみるべき。ソロピアスとして一個売りもされている。

 

「ARMS」
(2個・希望小売価格 税込3,888円)


コスメ・アクセサリーに造詣の深い人気ブロガー・大田くるみとのコラボ商品が爪付きパールを包むような柔らかい印象と尖った矢のような先端がアクセントになっている「ARMS」。


耳の後側からパーツを通すタイプの立体的なデザインだが、パーツを耳の表からつけることもでき、気分によって付け方を変えて楽しめる。ステンレスならではのシャープで派手なデザインに一発で目を引かれてしまった。


ただ実際に装着してみると、そうした先端が肌に当たって時折チクチクと痛い。ビジュアル面は美しいのだが、長い時間つけていると少々気になるかも…。ソロピアスとして一個売りもされている。

 

「ACID」
(2個・希望小売価格 税込3,024円)


耳の後側からパーツを通すタイプの立体的で個性的なピアスが「ACID」。キラキラした見た目とパーツの動きが摩訶不思議で惹かれるが、しばらくの間悩んでしまうほど、パーツの外し方、付け方に悩んでしまった。不思議なフォルムだが、2つのパーツが前後にキャッチを通して合わさっているだけ。


ただパーツの隙間をうまいこと通さないと装着できないのが思ったより難関。不器用な人は素直に友人やパートナーにヘルプを頼むべき。一人でつけるのは相当器用な人でないと無理かもしれない。


装着感はパーツ内部が空洞になっているため、抜群に軽い。ソロピアスとして一個売りもあり。

■ ステンレスの繊細加工に感動。シャープな金属調デザインを求めていたがアレルギーで諦めていた人に!

金属アレルギー持ちだけどおしゃれはしたい人、海やプールでも大丈夫だと助かる人、人とはひと味違うファッションで目立ちたい人にオススメなのがこの『blanco(ブランコ)』。


さりげなく個性的で繊細、独特のきれいなフォルムと質感が気になったら、ぜひ一度試してみてもらいたい。

 

 

入手はオフィシャルサイトにて。