trend_20160905122256.jpg

写真拡大

タカラトミーアーツが発売している日本郵便とコラボレーションしたカプセルトイ「郵便局 ガチャコレクション」がマニアックだ。

「投函口」もしっかり動く

郵便配達に関わるアイテムのミニチュアシリーズで、おなじみの赤い郵便ポスト、東京上野動物園に設置されているパンダ郵便ポスト、郵便局の「時間外窓口」のサイン看板、郵便配達員が使うヘルメット、人気キャラクター「ダンボー」をゆうパックデザインにしたキーホルダーの5種類。

対象年齢は15歳以上で、ラインナップにヘルメットやサイン看板が入っている点からしてかなりニッチなシリーズといえる。タカラトミーによると、最近公益性のあるモチーフが流行っており、日本郵便としっかり組んで大人のコレクター向けの商品を意識したという。

1つ買うとパンダ郵便ポストが出てきた。2011年に上野動物園にパンダが来園したことを記念して設置されたパンダ柄のポストを、1/18スケールでフィギュア化。

組み立て式で、投函口付近の利用案内はシールで再現した。シールは横幅1センチほどの枠に極小フォントで

「手紙・はがき (お願い)往復はがき・不在通知書 厚みのある手紙は、右側にお入れください」

といった実物のポストに書かれている文章をそのまま印刷してある。

実物同様、郵便物の回収口は開閉可能。よく見ると投函口の蓋まで可動式で、全体的に芸が細かい。ちなみにサイン看板はライト内蔵で実物さながらに光り、ヘルメットはシールド部分が可動、ダンボーは両腕を動かしてポーズを取れる。1回300円。