平和の象徴であるハト。ひなたぼっこしている愛らしい姿を見ると、ついエサをあげたくなるが、うかつに与えるとそこに住み着いて、糞害を引き起こす恐れもある。

 埼玉県のJR川口駅では、そうした被害を避けるため「ハトにエサを与えないで!」と訴えるポスターが貼られているのだが…。

 中央に描かれたイラストは、どうみてもハトではない。鋭い爪とくちばしを持つワシのように見える。

 これに対して、「川口のハトはハクトウワシ」説や「ハトを狙った猛禽類が来る」説を唱える人が現れた。

 さらには「ハトをエサにさせないで」の間違いではないかという指摘も。

 イラストの真意は不明だが、注目を浴びるという意味では大成功だろう。川口駅の願いが、通行人にちゃんと届いていることを祈りたい。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら