中国で人気の「美味しい空気」を詰めた酸素缶(ネット写真)

写真拡大

 天気予報とおなじく、中国では、大気の汚染状況に人々は高い関心を寄せている。これを商機と見たニュージーランドの会社は、新鮮な空気を詰めた酸素缶を1缶24.99ドルNZD(約2000円)でネット販売したところ、人気を集めた。

 中国は秋から冬にかけて、スモッグや大気汚染で、視界不良になるほど空気の質が悪くなる。独立研究機関バークリー・アースが昨年発表した研究報告によると、中国では、大気汚染がもたらす健康被害が原因で、毎日4000人が死亡し、6人に1人の早期死亡を招いていると指摘している。

 2015年、北京では気象当局が定める大気汚染指数が初めて「赤色警報」となり、市政府は交通規制や学校閉鎖を指示した。

 ニュージーランドのクライストチャーチにある中華系会社は「自然の豊かさと美味しい空気」を売りに、特殊技術で新鮮な空気を詰めた酸素缶を販売。この会社の社長によると、空気はクィーンズウォールの山岳地帯から採集したものだという。中国最大手ECタオバオを通じて販売中だ。

 調査会社グローバル・インフォメーションによると、中国は世界で最も大きな酸素ボンベ販売市場であり、2018年には1億6000万ドルに達する見込み。今年3月、世界銀行理事会は北京、天津、河北省の空気汚染対策プロジェクトに5億ドルの借款提供を決めた。

 中国では手に入れがたいオーストラリアの「美味しい空気」に、中国富裕層は満足して購入していくという。同会社は、さまざまな種類の新鮮な空気を販売したいと考えている。磯の香りが楽しめる砂浜、木々の呼吸を味わえる森林など。

(翻訳編集・佐渡 道世)