職場に迷惑がかからないよう、子育て中のママが日頃からできる対策

写真拡大

先日、「教えて!goo」では「育児中のママが仕事をやむなく休んだ時、職場での心証が悪くなる人とならない人の違い」の記事をリリースした。日頃からの周囲とのコミュニケーションの取り方が、いざという時の心証を変えるという、専門家からのアドバイスであった。だが、子育て中の女性ができる対策はこれだけではない。引き続き子育て中のママに向けたアドバイスを、キャリアコンサルタントの安達瑠依子さんに教えていただいたので紹介したい。

■立場が変われば受け取り方も変わる

子育てというと、特に女性は「いつか自分が結婚し、子どもが生まれれば同じ境遇になるかもしれない」と、子育て中の女性就業者を応援したい気持ちになりやすいのではないか。だが、「子育てをしながら仕事をする女性を『応援する』という気持ちがあっても、立場が変わると受け止め方は変わってくるもの」と、安達さんは指摘する。その一例として、子育て中の女性とそうではない女性との軋轢問題で、ある相談者さんのケースを挙げてくれた。

「以前、ある女性から相談を受けたことがあります。その女性は経理職ですが、毎晩残業が0時近くになっていました。理由は育児中で定時ぴったりに帰る社員のやり残した仕事を、自分の仕事が終わった後にやっているというのです。上司は、帰宅した社員の業務を、毎日定時後に彼女に振ってくるんだそうです。改善を要求したくとも、子育て社員へのクレームになりかねないので言いにくい。また、定時で退社する社員から直接仕事を頼まれるわけではないので、その社員からねぎらいの言葉を受けたこともないとのことでした」(安達さん)

実際にこうしたことが起きていると分かると、子育て中の女性はもちろん、就労者のすべてが決して他人事ではないと感じられるのではないか。

「子育て社員からすると、上司に渡すだけですからあまり気兼ねがないので、一見良いシステムですが、これは仕事のシェアではなく、残業が可能な人に皺寄せをしているだけです。このままですと、その女性は転職をするか、病気になる可能性が大です。この女性の残業代と、心労を減らして離職を防ぐことを考えたら、定時で退社する社員のこなせない業務をパートやアルバイトを雇用してカバーするという方法も、検討の価値があると思うのですが、論理的な解決がスムーズに行かないのもよくあることで残念です」(安達さん)

■子育て中のママが日頃できる対策

こうした事例を少しでも減らすためにも、前回の記事でご紹介したように、周りとのコミュニケーションを積極的に取る必要があるように思う。ちなみに、コミュニケーション以外の方法で、職場に極力迷惑をかけないよう、子育て中のママが日頃からできる対策はあるのだろうか?

「家族や友人で助けてもらえるなら、事前にお願いをしておくのは当然ですが、ぜひ実行して欲しい対策は主に4つです。まず自分が休んだら、誰もわからない状況を作らないこと。カバーしようにも出来ない状況は作らないことです。情報共有や仕事の進捗などを見えるようにすることは、最低限自分からしましょう。次に、費用は掛かっても病気の子供も預けられるところを用意していくこと。家族にも頼めない場合も想定し、近隣の病児保育室やNPO法人など、いつもの保育園以外にも調べておき、どうしても外せない商談など、いざという時のサポートを用意しておくと心強いでしょう」(安達さん)

子育て中の女性は、いつ仕事を休む状況になるかわからない。そのため、日頃から仕事の共有、子どもの預け場所は念入りに確認しておきたい。

「続いて、在宅勤務可能な状況を会社まかせではなく、自分でも取り組むこと。今はスカイプやメール、データもクラウドなど、会社にいなくても出来る仕事も増えています。在宅勤務が制度としてなくても、(データのセキュリティに関しては、安易に自分の判断で出来ないこともありますが)自宅のPCで業務可能なものは出来るようにする、持ち帰るなど自分から会社に相談することは出来るはずです。最後は、家事や買い物や料理など、宅配の有料サービスなどを積極的に利用して時間捻出すること。これは職場に迷惑を掛けないというよりも、捻出できた時間をその時に必要な仕事や育児、そして自分のために使うことにより、育児と仕事の両立を乗り切るサポートにするためです」(安達さん)