逸品が並ぶイルサンジェーの工房

写真拡大

フランスの人間国宝が作るショコラブランド「イルサンジェー」の東京ブティックに2016年9月10日、秋の新作のショコラ2種がお目見えです。

フランスのジュラ地方、アルボアの地で4代直系、116年の歴史を持つ老舗ショコラブランドのショコラを堪能できるチャンスです。

お店に行けるのは1日限定7組

今回発表となったショコラは2種。

「クワトロ(秋のブラックベリー)」は1粒840円。アルボア本店の近くに自生する野生のブラックベリーを、4代目エドワール自身が朝摘みにいっているものを使っています。

ショコラを構成している4層すべてに、このブラックベリーが使われているというこだわりよう。上から、ブラックベリーのゼリー、ブラックベリーのガナッシュ、ブラックベリーのパートドフリュイ、ブラックベリーのパートダマンドとなっています。

「グリーンカルダモンと唐辛子ヌガティーヌのガナッシュ」は1粒840円。アーモンドをキャラメルで煮詰め、ピマン・デスペレットというフランスのバスク地方産の唐辛子を入れ、ヌガーを別に作ります。ヌガーを伸ばし、1つ1つカットし、最後にカルダモンのガナッシュにのせました。

1日限定7組の完全予約制。専用サイト内にあるフォームから来店予約をしてください。

50個限定でなくなり次第、次の入荷待ちとなります。フランスでは人間国宝に相当するショコラティエMOFが作った旬のショコラを楽しんでください。

場所は東京都渋谷区神宮前4-26-5 1F。営業時間は事前予約制で12時〜18時です。