8割も…あなたの後輩は大丈夫?「叱られたくない」現代人が急増

写真拡大

あなたは後輩や部下を叱ったことがありますか?

なにかと“ハラスメント”と付けられ、逐一俎上に載せられてしまう現代。後輩や部下がミスをしても、先輩や上司が叱りづらい雰囲気が形成されてしまっている、とも言えますよね。

それはそれで、ある種のハラスメントなのでは……!? なんて問題提起はひとまず置いておくとして……、そこには“叱られたくない現代人”の急増も背景にあるようなのです。

いったいどのくらいの人が、「叱られたくない!」と思っているのか。その割合、思った以上の高さでした……!

■理想の先輩……8割が支持した「優しい」「叱らない」「放っておいてくれる」

「こんな先輩が理想! と思う同性の先輩像は?」『BizLady』が働く女性達に対してアンケートを実施、こんな質問をしたところ、答えの割合は以下のようになりました。

「何でも鋭く指摘し、いつもそばで厳しく叱ってくれる人」・・・18.6%

「優しく叱ってくれて、時にはそっとしておいてくれる人」・・・45.5%

「ほとんど叱ったりはせず、こちらが頼るまでは放っておいてくれる人」・・・20.5%

「全く叱ったりせず、こちらが頼っても無関心なぐらいの人」・・・15.5%

「何でも鋭く指摘し、いつもそばで厳しく叱ってくれる人」、運動部の監督やコーチなどを浮かべてしまいそうな、こういったタイプ。こと職場となると、このタイプのやり方を貫き通すのは本人も根気が要りそう。

しかもこのタイプへの支持率が2割以下、というところを見ると、現代の働き女子たちにはあまり歓迎されないようです。

最も支持を得た理想の先輩像。それはやはり“優しい先輩”というものでした。

■これが現代働き女子の本音!? 「叱るなら優しく、なんなら無関心でもOK!」

およそ2人に1人が支持した、「優しく叱ってくれて、時にはそっとしておいてくれる」先輩。「叱ってくれる」という文言はあるものの、“優しく”という条件が付いているのがミソ。これが「厳しく叱ってくれて……」だったら、こんなに高い支持は得られなかったかもしれません。

二番目の支持を獲得した「ほとんど叱ったりはせず、こちらが頼るまでは放っておいてくれる」先輩も、それってほとんど仏さまのようですよね!? 先輩側だって七転び八起きしながら日々奮闘しているというのに、まだまだ仏の境地になんて至れません……。

かといって、“全く叱ったりせず、こちらが頼っても無関心なぐらいの”先輩って……そこに愛はあるのか!? と思ってしまいますが、それでも15%もの支持を得ている……。なんだか複雑な気持ちもありますが、これこそが現代の働き女子の“叱られたくない”願望の表れの、わかりやすい例なのかもしれません。

以上、叱られたくない現代の働き女子についてでしたが、いかがでしょうか?

学校の先生も、怒鳴ったり怒ったり、あまりしなくなっていると聞きますよね。

こわーい先生に怒鳴られ、悔しさや奮起する気持ちを味わったり、時には泣いたり……そんな経験をして大人になった世代の筆者からしたら、複雑な気持ちも無きにしも非ず……。

でもそんな説教染みたことを後輩ちゃんに語ろうものなら、即「ウザい先輩」認定されそうな……う〜ん、先輩の立場って難しい!