中国では多くの消費者が「自動車は鋼板が分厚ければ安全であり、車重も重ければ重いほうが安全」と誤解している。実際には鋼板が分厚くても自動車事故で車内の人間の命が守られるとは限らないうえ、車重が重ければブレーキを踏んでから停止するまでの制動距離が伸びるため、一概に安全とは言えない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では多くの消費者が「自動車は鋼板が分厚ければ安全であり、車重も重ければ重いほうが安全」と誤解している。実際には鋼板が分厚くても自動車事故で車内の人間の命が守られるとは限らないうえ、車重が重ければブレーキを踏んでから停止するまでの制動距離が伸びるため、一概に安全とは言えない。

 また、中国では日系車は「鋼板が薄く、車重も軽いため安全性に劣る」という誤解が存在する。それでも、日本車は欧米や日本、中国における衝突安全性能試験で高い評価を得ており、その安全性にはお墨付きを得ており、権威ある機関によるお墨付きと誤解の間でどちらが本当なのかを迷う中国人消費者もいるようだ。

 中国メディアの頭条客はこのほど、多くの中国人が「日系車は安全性に劣る」と主張しているが、それでも日系車が衝突安全テストで高い評価を得ているのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載し、多くの中国人が主張している「日系車は安全性に劣る」という内容は誤解であることを訴えている。

 記事は、中国では多くの消費者が日系車について「鋼板が薄い」、「剛性のある材質があまり使われていない」、「リーンフォースメントがない」などと主張し、その安全性を疑問視していると紹介する一方、権威ある機関での衝突安全テストでは高評価を得ていることは「矛盾がある」と論じた。

 続けて、鋼板について「鉄の板である鋼板は、いくら厚さがあっても衝突のエネルギーを吸収して分散させることはできない」と指摘し、安全性能に重要なのは自動車の構造であり、「鋼板の厚さは無関係」であると指摘した。さらに、自動車の構造も頑丈であればそれで良いというものではなく、衝突のエネルギーを車内に伝えない構造であることが大事だと論じた。

 また記事は、多くの中国人が誤解している「車重」についても「安全性とは大きな関係はない」と指摘したほか、日系車は「車重が軽いため、燃費が良い」という中国人の認識についても「誤解」であると指摘。日系車の燃費性能は車重ではなく、あくまでもエンジン性能やエンジンとトランスミッションの最適化によって実現されているものだと指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)