設計思想を引き立てるトータルデザイン

写真拡大

ブリヂストンサイクルは、ロングライド用ロードバイク「ANCHOR RL9(アンカーRL9)」を2016年9月に発売する。

ロングライドモデルにとって重要な要素「長く快適に乗れる」をテーマに、「PROFORMAT(推進力最大化解析技術)」で最適なフレーム性能を解析。ロングライドモデルにとって理想的な「心地よく、進む」フレーム性能を実現している。

必要な部位へ必要な分の剛性を持たせるフレーム断面形状、ロングライドに適したフレーム寸法を採用。また、さらなる軽量化のために、カーボンフレームの積層設計、フロントフォークの構造設計を見直したことで、フレームセット重量は、前作モデル比約6%の軽量化を達成している。

フレーム全体に曲線と曲面を多く使い、やわらかな印象をあたえるように設計。また、グラフィックは、「設計をデザインで表現する」をテーマとし、ダウンチューブに剛性を強調する下部のカラーライン、トップチューブのしなやかさや、左右非対称のチェーンステーを表現するカラーなど設計で主張のある箇所に、差し色を入れている。

価格(税抜)は、デュラエース モデルが62万円、アルテグラ モデルが38万5000円、105 モデルが31万、フレームセットが22万。