出汁が香る、とろとろ香港粥が味わえる。モーニングが人気のおかゆカフェ「テディ&ダディ」

写真拡大

博多湾に面した福岡市の中心部、ランニングや散歩コースとして人気の西公園。その入り口にある「Teddy & Daddy(テディ&ダディ)」は、香港スタイルのおかゆが味わえるカフェ。
こちらでいただけるモーニングメニューが、朝活を楽しむ人たちの間で密かに人気が高まっているとのウワサを聞きつけて、さっそく訪ねてみることに。とろっとした食感が病みつきになるという、評判の香港粥のおいしさの秘密は?

朝活を楽しむ大人にすすめたい朝食スポット

地下鉄大濠公園駅から歩いて10分ほど。近くに長浜鮮魚市場があるこの港町一帯では、朝日が昇る時間帯からたくさんの人や車が行き交います。
特に緑あふれる西公園の周りには、ランニングに勤しむ人、犬といっしょにお散歩する人、涼しい時間に家を出て出社までの間に自分の時間を過ごす人、朝の清々しい時を楽しむ紳士淑女の姿があります。そんな高感度な大人の胃袋をトリコにしている飲食店が西公園へと続く坂の登り口にあると聞いて、さっそく行ってきました。
テディベアが描かれたキュートな看板が目印の「テディ&ダディ」。“香港スタイル”のおかゆが味わえるカフェです。

体をゆっくり目覚めさせるあたかかい一杯

オープンは朝7時。メゾネット式の空間を柔らかい朝の光が照らすころ、真っ白な湯気とやさしい出汁の香りが店内に充満します。

「香港生まれの父から譲り受けたレシピを、自分たちの好みに合わせてアレンジしたオリジナルのおかゆをつくっています」。
こう話してくれたのは、お店を切り盛りする太田さん姉妹。豚骨と鶏ガラでとった濃厚な出汁でお米をとろっとろになるまで炊くのが、日本のおかゆと異なる点。胃に負担をかけずに水分と栄養分の両方が摂れるので、朝食にもってこいなのだとか。

大人好みの香港ライクなトッピング

オープンから午前10時半までの間は、おかゆとドリンクまたはフルーツがセットになったモーニングが味わえます。レギュラーサイズは680円から、ミニサイズは480円から。ミニサイズのおかゆとサラダが付くデリ粥セットは680円。
特に人気が高いトッピングは、「えび」と「特製砂ずり」です。具材にもしっかり下味が付いているので、軽めに見えますがなかなかの食べ応え。上に乗ったパクチーの香りでさらに食が進みます。
ほかにも「塩漬け豚バラ肉」や「豚足煮込み」「ピータン」など、本場の屋台を思わせるトッピングメニューがそろいます。

女性の気持ちに寄り添った店づくり

1階はテーブル席のみですが、2階にはカウンター席も用意されています。女性ひとりでも気軽に入りやすい心遣いがうれしいですね。
また、「鶏レバー&パクチー入りの瀬戸内レモン粥」や「トマト&ナッツ入りの生ハム豆乳粥」など、乙女心をくすぐる限定メニューも季節に合わせて登場するというから、見逃せません。
「旅先ならではの特別な朝ごはんを食べたくて」と近くにあるホテルの宿泊客がやってくることもしばしば。福岡を訪れたら、ぜひ足を運んでみてくださいね。

ことりっぷの最新記事