【検証】人気ラーメン店「一風堂」を食べた直後に、店の前で「一風堂」のカップ麺を食べてみた

写真拡大

全国各地で気軽に博多ラーメンを食べたいなら「一風堂」がおすすめだ。まろやかでクセが少ない豚骨スープは非常に食べやすく、日本のみならずアメリカやアジアなどにも店舗を展開する人気店である。

カップラーメンも販売中!





一風堂はラーメン屋の中でも知名度が高いため、セブンイレブンでカップラーメンも販売されている。近くに一風堂がない人や、家でも一風堂のラーメンを食べたい人にとっては非常にありがたい商品である。

再現度は高いのか?



しかし、残念ながら使われているのは名前ばかりで、再現度がついていかない商品も世の中にはたくさん存在する。果たして、この一風堂カップラーメンはどのくらい忠実に味が再現されているのだろうか?

実際に食べ比べてみた





再現度を確かめるためには、実際に店舗で一風堂のラーメンを食べた直後にカップラーメンを食べてみるのが一番だろう。まずは店舗で一風堂の最も標準的なラーメン『白丸元味』を食べてみることにした。

こちらが『白丸元味』





早速、通称『白丸』と呼ばれるラーメンを注文する。白濁したクリーミーなスープに繊細な細打ち麺。食べごたえがありそうなチャーシューが2枚乗り、見た目からしてウマそうに仕上げられているのはさすがの一言だ。

オッサンに食べさせてみる





ちなみに今回の審査をおこなうのは、トリビアニュース編集部の近所に住むオッサン。最近は金欠で主食が水道水だったらしく、ラーメンを2杯食べられるとあって喜んで立候補してくれた。まずは『白丸』をズズズと吸い込むように勢い良く食べ始める。

オッサンの『白丸』評





「いやあ、やっぱりさすがのクオリティッスね! スープがウマいのはもちろんッスが、改めてじっくり食べると麺のクオリティの高さに気がつくッス。細麺なのにめっちゃツルツルしてて、コシも強いっす。チャーシューも程よく柔らかくてウマいし、文句の付けどころがないッスね!!」

あっという間に完食





オッサンは一瞬のうちに『白丸』を完食! 博多ラーメンといえば替え玉も魅力のため、オッサンは「替え玉もいいッスか? 替え玉もいいッスか?」としつこく聞いてきたが、替え玉は自腹だぞと伝えるとしぶしぶ断念。スープも一滴残さず完飲し、かなり満足した様子だ。

セブンイレブンでカップラーメンを購入



続いて、店を出たその足でセブンイレブンに直行し、今度はカップラーメンの一風堂を購入。そして、そのまま店内で調理も済ませることに。



一風堂の前に移動



せっかくなので待ち時間3分の間に再び移動し、一風堂の店の前でカップラーメンを食べることに。お湯を入れたカップラーメンを抱えてダッシュするオッサン。急げ急げ!



店の前で最後の仕上げ



どうにか時間内での移動に成功し、最後はスープなどを入れて仕上げ。カップラーメンの一風堂がここに完成した!



これがカップラーメンの一風堂



カップラーメンの一風堂のビジュアル面をチェックしてみると、使用している具材はチャーシューが1枚少ないくらいでほぼ完璧に再現されている。細打ち麺も白濁したスープも一風堂そのもの。見た目的にはかなり良い仕上がりだと言えるだろう。



そうなると気になるのは味だけ。果たして、本物の一風堂のラーメンを食べた直後でもカップラーメンの一風堂はおいしく感じることができるのだろうか!?



オッサンの『カップラーメン一風堂』評



「これはかなり再現度が高いッスね! 麺に少し芯がある感じがして、スープの濃厚さが少し劣るくらいしか差がないかもしれないッス。意外とチャーシューがかなりちゃんとしているのがすごいッス! 本物の半額以下でこれを食べられるなら、全然アリだと思うッス!!」



本物を食べた直後でも満足!





検証の結果、一風堂のカップラーメンは本物の一風堂を食べた直後でもウマく感じられるほどに再現度が高いことが判明した! 一風堂のカップラーメンは約300円という高額商品なのだが、高いだけあるということだろう。一風堂ファンにもぜひオススメしたい一品だ。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/