テキーラで素材の力をアップ。アウトドアで作りたい「テキーラライムチキン」

写真拡大 (全7枚)

テキーラは、アルコール度数が30〜50度とかなり高く、飲むには勇気がいる飲み物。

でも料理に使うと、不思議なほど素材の力をアップしてくれるんです。

加熱することでアルコールが飛ぶので、お酒に弱い方も食べられます。

今回ご紹介する「テキーラライムチキン」は、自宅でも簡単にできて、さらにはアウトドアでも楽しめる料理です。

『漬けて焼くだけのテキーラライムチキン』


材料





・鶏肉(お好みの部位300〜500g)※今回は胸肉を使用
・ライム(1個)
・テキーラ(200cc)
・ニンニク(2片)
・唐辛子(2片)
・ローズマリー(お好みで)
・タイム(お好みで)
・オリーブオイル(大さじ2)


作り方


STEP1




ライムを好みの形にカットし、ニンニク、唐辛子、ローズマリー、タイムをざく切りする。

すべての材料をパックに入れて、冷蔵庫で半日以上置く。

STEP2




オーブン、フライパン、アウトドアであれば炭火焼きなど、好みの焼き方で鶏肉をしっかり焼いて完成。今回はフライパンで焼いてみました。

次に「テキーラライムチキン」に合う、ピリ辛な「ジンジャーガーリックソース」を作ります。

『ピリ辛でおいしい、ジンジャーガーリックソース』


材料





・しょうが(50g)
・ライム(1個)
・ニンニク(2片)
・唐辛子(1片)
・砂糖(小さじ2)
・塩(小さじ1)
・サラダオイル(小さじ4)


作り方


STEP1




すべての材料をボウルに入れ、ハンドミキサーで混ぜる。もしくは包丁またはフードプロセッサーで細かくする。

STEP2


別の容器に移して、冷蔵庫で冷やしたら完成。食べる前に「テキーラライムチキン」にかけましょう。

ワンポイントアドバイス



・漬け込む時間が長いほど味がしっかりしますが、フォークで鶏肉を何度か刺してから漬け込むと、短い時間でもおいしく食べることができます。

・「ジンジャーガーリックソース」は、しょうがとライムの味で味が濃く感じるので、お好みで砂糖と塩加減を調節してみてください。




さっと作れるのにおいしい「テキーラライムチキン」は、テキーラとライム、スパイスの香りが混ざって、焼いている時とてもいい匂いです。

アウトドアやホームパーティで、ワイワイ作ってみると楽しいですよ。