Mac上でアプリをすばやく切り替える際に便利な「Command+Tab」のショートカットキー。使用している人ならご存知かもしれませんが、ウィンドウを最小化したアプリをこのショートカットで選択しても、アプリはメニューバーだけに現れるだけでウィンドウは隠されたままです。しかし、Optionキーを長押しすれば、ウィンドウも出てくることが判明しました。

Command+Tabで縮小したアプリに切り替えたいときは、Command+Tab を押して矢印キーで該当アプリを選択します。次にOptionキーを長押しすればウィンドウが開きます。

いまさら、と思われる話かもしれませんが、アプリをひんぱんに最小化して切り替えている人はこれを知っておけば問題解決です。最小化せずにアプリを隠すことで、Optionキーを使わないで済む解決策もあります。


Mac OS X: Sane way to switch between windows | Tooling Tips

Thorin Klosowski(原文/訳:wasabi)