写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TVアニメやアーケードゲームなどで展開している『プリパラ』のアイテムが9月7日、東京都立産業貿易センター台東館にて開催中の「クリスマスおもちゃ見本市2016」タカラトミーアーツブースにて展示された。

今回展示されているアイテムの中で特に目玉商品となったのは、8月20日に開催された「ちゃおフェス」の『プリパラ』イベントでおひろめされた「サイリウムタクト」(10月発売)。別売りの「サイリウムジュエルマイク」と組み合わせることの出来るマイクスタンド風玩具。4つのモードで遊ぶことができ、ジュリィの声や音楽が流れ、ステッキ部分が7色に光る「タクトモード」。「サイリウムジュエルマイク」と合体させることで3曲のライブ音楽が流れる「神アイドルモード」。「かしこま!」、「ぷり!」、「ぷしゅ〜」などアイドル総勢21人のセリフが再生される「アイドルボイスモード」。そしてタクトを振ることでジュリィがその日の運勢を占ってくれる「ジュエルうらないモード」が用意されている。

ほかにも、3チーム1セットでチームライブごっこが楽しめるフィギュアセット「プリパラ らぁらと神アイドルライブ!」シリーズ(10月発売)も展示され、「SoLaMi SMILE」、「DressingPafè」、「Gaarmageddon」の3チームが登場。頭部を付け替えることで、着せ替え遊びも楽しめるフィギュアになっている。

また、ニンテンドー3DS専用ソフト『めざめよ! 女神のドレスデザイン』(11月発売)の限定版・ゴージャスパックには「らぁらと神アイドルライブ!」よりMR(ミステリーレア)を着たらぁらの特製フィギュアが付いてくる。

さらに、筐体連動強化として12月1日から「サイリウムジュエルマイク」に新コーデ8種が加わりパワーアップすることが発表された。これまで、アーケードゲーム『プリパラ』と「サイリウムジュエルマイク」を連動させることで使えた既存8種のコーデに加え、新コーデ8種が追加され、合計16種のコーデがプリチケ化可能となった。

『プリパラ』は、タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発したアーケードゲームと、それを原作としたTVアニメ。2014年7月から稼働・放送している。現在、3rdシーズンとして展開しており、TVアニメは6月14日の放送で第100回を迎え、ゲームのアイドル登録者数は300万人を突破している。9月6日にはAndroid版アプリゲーム『プリパラ プリパズ』をリリース(iOS版は近日配信予定)。9月9日まで全国のイオンシネマ50館にて、映画『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』のアンコール上映中。10月からは『クリィミーマミ』とのコラボ展開がスタートする。