空港の手荷物検査を全力で通過する男が激写される

写真拡大

飛行機を利用する際、絶対に通過しないといけない手荷物検査。どんなにフライト時間が迫っていようとも、たとえ長蛇の行列ができていようが避けては通れないポイントだ。近年はテロの影響もあり、厳重な警戒がされるようになったのはご存知のことだろう。

それに伴い、より安心して利用できるようになったのは確かだが、パキスタンの空港でとんでもない強行突破を試みた男が激写されたのでお伝えしたい。白装束姿でリュックを背負った男が、手荷物検査をしようとしたその時! 目を疑うような事件は起きた。

・荷物を抱えたまま男がゲートを通過

まず動画「Man enters X-Ray baggage scanner on his first airport」では、男が荷物を抱えたままゲートを通過するシーンが映し出される。そしてその姿に焦った警備員が止めに入ると、かなりヤバそうな雰囲気さえ漂い、一気に場が緊迫する。……だがしかし!

・安全を証明しつつ強行突破

さらにヤバいことになったのは次の瞬間! 男は手荷物検査のやり直しを求められると……何を思ったか機械の上にゴロリ。なんとそのまま吸い込まれ、荷物と一緒に自分も検査されてしまうのである! な、なんという強行突破だろうか。

・危険人物ではなかった

人が手荷物検査の機械に乗るとレントゲンみたいになるため、彼は危険人物でないことを全力で証明したことになる。しかし、言うまでもなくこれはアウトな通過方法。テロでなく、笑える事件だったことが幸いか。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る