母親との思い出を明かした後藤真希(C)モデルプレス

写真拡大

【後藤真希/モデルプレス=9月7日】元モーニング娘。の後藤真希が7日、ブログにて母親との思い出を回顧。ファンから「素敵なエピソード」と反響が寄せられた。

【さらに写真を見る】後藤真希、ショートボブにイメチェン「クールになりました」

後藤は「小学校入った時から1日110円のお小遣い貰っていたので、基本はその中でやりくりして好きなもの買ってた記憶 ちょっとずつ貯金してクレープ買ったり、お菓子買ったり」と幼少期を思い返し「あ、お菓子はお母さんとスーパーいけば買ってくれてたなw100円までね!って言われてお菓子コーナーで色々にらめっこして計算してたわー笑」とコメント。

さらに「小学校高学年になってからは、毎日のお小遣いが毎月にかわって、月に3300円!!」と続けると「これを貯めて洋服買ったりしてました!お友達のほうがお小遣い多くて、洋服買いに行ってもお揃いの買おうってなった時、焦ってたなぁ笑」と懐かしそうにエピソードを披露した。

◆母親へ感謝 子育てにも影響


かねてより理想の母親像として自身の母親をあげている後藤。こうした母親の方針に対し「このお小遣いのやり方親に感謝してるの!貯金する!ってことがカナリ身についた!!」といい「娘のお小遣いもこーしよーって考えてたり」と影響を受けているよう。

コメント欄には「素敵なエピソードですね」「優しいお母さんに感謝だね」「良い思い出」「優しいごっちんがママできっと優しい娘ちゃんになるんだろうなあ」といった声が寄せられた。

◆昨年12月に出産 ママタレントとして活躍


後藤は2014年7月に3歳年下の会社員男性との入籍を発表。昨年12月に第1子女児を出産した。出産後、ママタレントとしてママ向け雑誌へ多数出演し活躍。育児やプライベートの様子を伝えているブログも好評で、レシピ本を出版するなど料理の腕も高く評価されている。(modelpress編集部)