航空宇宙エンジニアのおじいさんがDIYした裏庭の遊園地「Dobbsland」

写真拡大

ジェットコースターを楽しんでいらっしゃるのは、アメリカはカルフォルニア州にお住いのSteve Dobbsさん。

孫が大好きな普通のおじいちゃんです。

「う〜ん、孫がもっとウチに遊びに来ないもんかのう……」

アメリカはカルフォルニア州にお住いおじいさんSteve Dobbsさんは、航空エンジニアとしての知識をフル活用し、裏にはに遊園地「Dobbsland」をつくり上げました。すべては愛する孫のため。自宅の外空間を楽しむという意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通づるものがありますね。1

そう思ったかどうかは分かりませんが、およそ3年前、電動式の機関車トーマスに飽きてしまった孫の姿を見て、Dobbsさんはフッと閃きます。

「裏庭、遊園地にしちゃえばいいじゃない!」

アメリカはカルフォルニア州にお住いおじいさんSteve Dobbsさんは、航空エンジニアとしての知識をフル活用し、裏にはに遊園地「Dobbsland」をつくり上げました。すべては愛する孫のため。自宅の外空間を楽しむという意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通づるものがありますね。2

もともと航空宇宙エンジニアだったDobbsさん、堅牢な遊具の製作はお手の物。

DIYした『アナと雪の女王』をはじめ、『イッツ・ア・スモールワールド』風の建物まで、まさにこの裏庭、ちょっとしたディズニーランドみたい。

アメリカはカルフォルニア州にお住いおじいさんSteve Dobbsさんは、航空エンジニアとしての知識をフル活用し、裏にはに遊園地「Dobbsland」をつくり上げました。すべては愛する孫のため。自宅の外空間を楽しむという意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通づるものがありますね。3

遊園地の名前は「Dobbsland(ダッブスランド)」……Dobbsさん、かなり意識している様子。

それにしてもハイクオリティのDIYじゃないですか? 自宅の外空間を楽しんでいる、という意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通ずるものがありますね。

アメリカはカルフォルニア州にお住いおじいさんSteve Dobbsさんは、航空エンジニアとしての知識をフル活用し、裏にはに遊園地「Dobbsland」をつくり上げました。すべては愛する孫のため。自宅の外空間を楽しむという意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通づるものがありますね。4

幸せそうな笑顔を見せているDobbsさんのお孫さん、子ども心たっぷりのおじいちゃんを、絶対みんなに自慢したいですよね?

アメリカはカルフォルニア州にお住いおじいさんSteve Dobbsさんは、航空エンジニアとしての知識をフル活用し、裏にはに遊園地「Dobbsland」をつくり上げました。すべては愛する孫のため。自宅の外空間を楽しむという意味では最近流行りの「バルコニスト」にも通づるものがありますね。5

まだまだ増築中だという「Dobbsland」。

ちなみに入園資格は、家族と友人だけ。もちろん無料となっています。友人になりたい!

Engineer Grandfather Turns His Backyard Into an Amusement Park for His Grandkids[MY MODERN MET]