もう我慢できない…!爆発する前に気づくべき「仕事の限界」のサイン3つ

写真拡大

仕事となると、ついつい無理して頑張ってしまう働き女子は多いのでは?

本当はかなり限界が迫って来ているのに、「まだまだ大丈夫!」とさらに抱え込んでしまう人も。

自分の心の中にある爆発寸前の噴火口を無視しつつ、日々の業務に追われていると、ある日突然燃え尽きてしまうおそれがあります。

そこで今回は、“仕事で燃え尽きてしまう兆候”を、海外サイト『Money』の記事『7 Signs You’re Burned Out at Work』を参考にご紹介します。

他人の異変にはすぐに気づくのに、自分のこととなると軽視してしまいがちな頑張り屋さんほど、要チェック!

■1: 気づいたらお局口調! 以前に比べて“かなりイヤミ”になった

若い頃、お局様にさんざんイヤミな言葉を浴びせられ、「あんな風にだけはなるものか」と思っていたのに、気づいたら自分もイヤミを連発していた……という人は、自分で思っているよりもかなり疲れているのかもしれません。

もともとがイヤミな性格というわけではなく、むしろ皮肉や悪口は言わないように気をつけていた人でも、あまりにもストレスが強すぎるとだんだん攻撃的に。

常に聖人君子でいるなんて不可能なので、多少の不平不満はガス抜きとして認められてもよいはず。

しかし、「最近、気づけば人の批判やイヤミばかり口走っていた……」という人は、発言を慎む前に自分の心のケアをしてみてはいかがでしょう。

■2: “いつもは簡単にこなせる仕事で手間取る”ようになった

以前は割とスムーズにこなせていたはずの仕事に、時間がかかるようになった。そんな悩みを抱えている働き女子もいるかもしれません。

仕事の実績を着々と築き上げてきた、『BizLady』世代の働き女子。以前の自分が簡単だと思っていた仕事に手間取っているなんて、何となくプライドが邪魔をして認めたくないですよね。

しかし、認めたくない事にこそ重大な問題が隠れている……ということは、往々にしてあるものです。

燃え尽きてしまう前に、「ああ、私かなり疲れているんだわ」と思い切って認めてしまったほうがよさそう。

そして、音楽やスポーツなどでリフレッシュしたり、場合によっては医師やカウンセラーなどの専門家に相談したり、早め早めにストレスに対処しましょう。

■3: 「そういえば、最近笑ってないかも……」“いつも不機嫌”

仕事で愛想笑いを事務的にすることはあっても、心から笑うことが少なくなったと感じている人も、早めに対処しましょう。

「最後に笑ったのはいつだっけ?」と思うほど笑っていない人は、面白いコメディやかわいい動物の動画、友だちとの食事などで心と顔をほぐしてみては?

同記事でも、

<あなたをいつも笑顔にしてくれる友だちとの時間を意識的に設けましょう>

とアドバイスしています。

義務感から“笑顔をつくる”のと、顔がほころんで自然に笑みがこぼれるのとでは、同じ“スマイル”でも雲泥の差があります。

自然と笑顔になれるアイテムを常に準備しておくと、よいかもしれません。

■対策: ライブやコンサートならなお良し! 音楽のパワーを活用しよう

過去記事「科学的にも証明済み!“幸せな人がやっている”カンタン行動4つ」でもすでにお伝えしていますが、音楽のパワーを活用するのも良い方法です。

音楽を聴いている人は、そうでない人よりも幸福度が高いということが、数多くの研究により明らかになっています。

そして、音楽の“聴き方”にもコツがあります。

CNNの記事『Are music and happiness linked?』によると、オーストラリア・ヴィクトリア州のディーキン大学が行った調査により、以下のような事実が明らかに。

<ダンスをしたり、コンサートやミュージカルなどのイベントに出席したりして音楽を積極的に楽しんでいる人は、高水準の主観的ウェルビーイング(“幸せ”のより科学的な表現)を報告した>

音楽プレーヤーから流れてくるのを鑑賞するのも良いですが、たまにはライブやコンサート、ミュージカルなどに出かけて“能動的”に音楽を楽しむようにすれば、幸福感がアップしてよりストレスを解消できそう。

以上、自分では意外となかなか気づかない“燃え尽きる兆候”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ついつい無理をしてしまいがちな、『BizLady』世代の働き女子。ストレスを限界までため込む前に、早め早めに対処したいものですね。