「自己主張がきちんと出来ない」子どもに育ってしまう親のNG行為3つ

写真拡大

子どもの性格形成には、やはり家庭や親の影響が大きいようですが、みなさんは、何か特別に意識して行動していることはありますでしょうか?

もしかしたら親が無意識にしている行動やしつけ、場合によっては良かれと思ってやっていることが、知らず知らずのうちに悪影響を与えていることもあると言います。

例えば、「自分の意見が言えない」「人の顔色を見てすぐに意見を変えてしまう」など、主体性の欠けた子どもになってしまうことがあるというのです。これ、大人になったら困るのは当の本人です!

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外情報サイト『the Asianparent』を参考に、消極的で自己主張がきちんとできない子どもに育ってしまう親のダメ行為3つをご紹介します。

 

■NG1:子どものネガティブな面ばかり指摘する

子どものことを心配したり、“良かれと思って”子どものネガティブな面や失敗ばかり指摘してしまう、ということはないでしょうか?

これを続けていると、子どもは親に怒られることを一番に気にしてしまいます。結果として、失敗を恐れるあまり何事にもチャレンジしなくなったり、萎縮した大人になってしまったりする可能性があります。

もし、子どもの失敗が気になるようでしたら、まずは一緒に失敗を受け入れ、それから改善点を一緒に考えてみましょう。できるだけポジティブな面に注目してあげてください。

 

■NG2:問題を代わりに解決してしまう

子どもが何か問題に直面した時に、何でもかんでも親が代わりに解決してしまっていませんか? これを続けていると、自分で何も解決できない消極的な子どもになってしまいます。

問題に直面した時に、できるだけ子ども自らの力で解決できるように励ましたり、解決のためのヒントを与えるなどしてあげてください。

これを続けていると、やがて自分自身で何事も解決できるようになったり、自分に自信を持つことができるようになりますよ。

 

■NG3:将来の目標を持たせていない

子どもとはできるだけ、将来の話、特に前向きな話をするようにしてください。その中で、子どもの将来の目標の話などもするようにしましょう。

例えば子どもが好きなサッカー選手の話をし、具体的にプレーを見せてあげるなどして、夢や目標を持たせてあげましょう。

そして、子どもはその目標に向かう過程や努力を通して、自分の主張、希望、意見を持つことができてきます。これが、自分の意見をハッキリと表現することにつながってくるのです。

一緒に将来の話を全くしていないという人はいませんか? ぜひ一緒に話をして、目標を持たせてあげてください。

 

以上、消極的で自己主張がきちんとできない子どもに育ってしまう、親のダメ行為3つでしたがいかがだったでしょうか? もしかしたら、無意識にしてしまっていることがあったかもしれませんね。

これを続けていると、子どもがノビノビ育ちませんし、自分の意見がハッキリと言える大人になりません。特に小さな子どもは家庭での環境、親の影響を最も受けるとされています。親こそ気をつけましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ うちの子は大丈夫?「情緒不安定な子ども」の親がしているNG行動3つ

※ すぐに「心がポキッと折れてしまう」子どもに育つ子育てのNG行動3つ

※ 「まいっか」が魔法のコトバ、子育てのストレスに潰されそうな時の対処法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 2位妻が愛してくれない…より深刻!夫が「妻に女を感じなくなった」ワケ

 

【参考】

※ 7 secrets of confident kids - the Asianparent

 

【画像】

※ wavebreakmedia / Shutterstock