2位洋服!ここ変えれば「オバ見え」しないのに…と友達に忠告したい事1位は

写真拡大

”若見え”対策を積極的に行っているというあなた、友達が実際はどう思っているのかって気になりませんか?

また、若い頃は美人でモテモテだった友人に対して、「あの人歳とってずいぶんおばさんになったわー」なんて、腹の中で嘲笑ったことがある……なんて人もいるのでは!?

親しい友達が自分の容姿について「もうちょっとココを変えればいいのに」って思っているホンネがわかるとしたら、ぜひとも改善して”若見え”を狙いたいですよね?

そこで今回は、アートネイチャーが40代から50代の女性1,000名に実施したリサーチ結果をもとに、アラフォー・アラフィフ女性が思う、”仲の良い友達の外見の改善ポイント”トップ3をご紹介します。

 

■第3位:「プロポーション」(17.7%)

“自分と一番仲の良い友達の容姿について、少し変えることで美しくなるポイント”を尋ねてみた結果、第3位は17.7%で「プロポーション」が選ばれました。

加齢ともにスタイルが崩れてしまうのは仕方のないこととはいえ、友達に対して「もうちょっとメリハリボディなら素敵なのに」「少し痩せれば綺麗になりそうなのに」などとホンネを抱いている女性が少なくない模様。

お節介とわかっていても、親しい友達のプロポーションって、意外と気になっちゃうのが女ゴコロかもしれませんね。

 

■第2位:「洋服のセンス」 (18.1%)

続いて第2位は、18.1%が選んだ「服装のセンス」でした。

洋服には個人の趣味が大きくでるものですが、親しい友達のセンスに疑問を持っている女性も少なくない様子がうかがえます。

「その服を変えればもっと素敵になれそうなのに……」なんて思いながら、友達の洋服を見つめているのでしょうか。

もしくは、一緒にショッピングに行って趣味じゃない服を執拗に勧めてくる友達がいて、「こんな服選ぶから趣味が悪いのよ!」と内心思っていたりするケースもありそうです。

 

■第1位:「お化粧」(18.7%)

そして、18.7%の女性が「お化粧」をあげて第1位に

化粧は時代によってトレンドの移り変わりがありますし、眉の太さひとつとってみても数年おきに流行が変わりますよね。

「なんでアイシャドウがその色なの!」「どうしてチークがそんな位置に?」など、友達の顔を見て残念な気持ちになっているのでしょうか。

確かにメイクの仕上がりによって、美人度が変わるのは間違いありません。流行のテクを習得しておくのは美しくいるためにマストといえそう。

 

■そのほか、気になる点は、「髪のボリューム」(15.0%、第4位)

トップ3には入らなかったものの、15.0%の人が「髪のボリューム」を選び第4位にランクインしています。

年齢を重ねるごとに髪の毛が少なくなってきている友人に対して、「もうちょっとボリュームを出せばいいのに……」と思っているアラフォー・アラフィフ女性も少なくないよう。

しかし、髪はデリケートな問題で、面と向かって指摘しにくいパーツ。髪のボリュームについてアドバイスしてあげたくても、言い出すのをためらう気持ちはわからなくもありません。

 

いかがでしたか?

アラフォー・アラフィフ女性たちは、親しい友人に対してでも意外と厳しく”オバ見え”ジャッジをしているようです。

今アラフォー・アラフィフ世代に親しい友達がいる女性はもちろんですが、自分がOVER40を迎えたら、美容にチカラを入れるべきパーツとしても参考になりますね!

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ アンチエイジングにも嬉しい「抗酸化作用」のあるハーブティー3種

※ タバコだけじゃなく…ストローが!? 密かに「老化を加速させる」NG習慣5つ

※ 2位厚化粧より…20代男性が「この人おばちゃんだな〜」って思う言動1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

 

【姉妹サイト】

※ 何が違う?年齢を重ねて「モテ女に変貌するアラサー女子」の特徴4つ

 

【参考】

※ 容姿と髪の悩みに関する意識調査 - アートネイチャー