パセリとレモンで、肉料理の味わいを一新させる薬味「グレモラータ」

写真拡大 (全7枚)

イタリアで肉料理や煮込み料理に添える「グレモラータ」は、パセリの爽やかさとレモンの酸味が、料理をスッキリとおいしくしてくれる薬味です。

そんな「グレモラータ」に一手間かけて、さらにおいしく、何にでも合う薬味にアレンジしてみました。

『キノコいっぱいのグレモラータ』


材料





・レモンの皮(1個分)
・パセリ(2束)
・ニンニク(3片)
・バター(大さじ1)
・お好みのキノコ(2、3種類、今回はエリンギ、シイタケ、ブナシメジを使用)


作り方


STEP1




レモンの皮、ニンニク、茎を取りのぞいたパセリをすべてみじん切りにして混ぜる。

これが基本のグレモラータです。お好みでオリーブオイルと塩胡椒を入れてください。

STEP2




エリンギ、シイタケ、ブナシメジをみじん切りにし、バターを入れたフライパンでしんなりするまで炒める。

STEP3




STEP1で作ったグレモラータを入れ、全体が均等に混ざったら完成。

冷蔵庫で少し冷やすと、味がしっかりと染み込んでさらにおいしくなります。




バターに混ぜたものをパンに塗って焼いたり、スープの隠し味にしてもいいですよ。

また、市販のミートソース缶にスプーン1杯入れるだけで、とても深みのある味になります。

ぜひ「グレモラータ」を食卓に置いて、いろいろな食べものに使ってみてください。きっと新しい味の発見があると思います!