新カラーリング塗装の「30000系」

写真拡大

近畿日本鉄道(近鉄)は2016年10月23日、三重県伊賀市にある青山町車庫で「新カラーリング塗装特急車両撮影会ツアー」を開催する。30000系(ビスタカー)と12410系の新カラーリング塗装車が同車庫に並ぶ。

15年12月から近鉄は汎用特急車のカラーリングを順次変更している。旧カラーリングはオレンジと紺のツートンカラーで、新カラーリングはクリスタルホワイトをベースにブライトイエローとゴールドを加えたものだ。ネットでは「紺色どこいった!」「慣れるまで時間かかりそう」と戸惑う声もある一方で、「カッコいい」「新鮮」と肯定的な意見も多く見受けられる。

撮影車両が参加者を会場まで運ぶ

今回のツアーの出発地は大阪上本町駅と近鉄名古屋駅、近鉄四日市駅の3か所。会場最寄りの青山町駅まで、30000系(ビスタカー)と12410系がツアー参加者を運ぶ。青山町駅から車庫までは徒歩で向かい、3〜4時間程度の撮影タイムが設けられる。

旅行代金は、大阪上本町駅発が大人6100円・小児4470円、近鉄名古屋駅発が大人7270円・小児5060円、近鉄四日市駅発が大人5990円・小児4420円。運賃と特急料金のほか、お茶付き牛肉弁当、記念品のオリジナルトレーディングカードの代金も含まれる。車庫内では記念入場券などの鉄道グッズ販売も実施される。

ツアーの募集は9月7日にスタートした。定員は大阪上本町駅発が200人、近鉄名古屋駅発が200人となっている。最少催行人員はともに100人。満員になり次第募集を終了する。申し込みは近鉄各駅の営業所まで。