はしかの予防接種は、大人になってから受けると1万円近い費用がかかる

写真拡大

麻疹(はしか=麻しん)の感染が2016年に入って相次いでいる。8月中旬以降、関西空港の従業員から30人以上に集団感染が広がっていると、大阪府が9月4日に発表した。周辺施設の利用者に注意を呼びかけている。

感染拡大にともない注目を集めるのが、はしかの予防接種(ワクチン)だ。特にその費用が高額ではないかと、ツイッター上では指摘がある。

1回しか受けていないと、免疫が弱まっている可能性

予防接種法の定めにより、はしかの予防接種は、一定期間に2回受ける努力義務が課せられている。1回目は生後12〜24か月、2回目は小学校入学前の1年間だ。期間内であれば費用のほとんどは自治体が負担し、接種者の実費負担は0〜1割で済む。期間を過ぎると基本的に全額自己負担となり、かかる費用は病院ごとに異なるものの、1回5000〜1万円が相場だ。ツイッターでは、こんな投稿が散見される。

「はしかの予防接種、1万円は高過ぎ」
「予防接種の金額考えて胃が痛くなってきた」
「ワクチンを受けるにしても二回必要で1回あたり8000円程度と高額」

厚生労働省のウェブサイトによれば、はしかの予防接種を1回受けると免疫は95%以上の人に、また2回目でほぼ100%の人にできる。一方で、予防接種を受けていない人はもちろん、1回しか受けなかった人も免疫は徐々に弱まり、大人になってから感染する可能性がある。患者の0.1%は「はしか脳炎」を合併し、さらにそのうち15%が死亡するとされる。治療法は確立されていない。

16年は、はしかの感染者が多い。国立感染症研究所の発表では9月1日時点で31例あり、特に8月以降の報告が目立つ。しかも、ここには冒頭に挙げた関空での30人以上の感染例は含まれていない。2015年の報告数は年間で35例だったため、比較すると16年は2倍を超える勢いだ。

「結構な金額するけど、そんなこと言ってる場合でない」

感染は心配だが、予防接種を受けていないからといって必ず発症するわけでもない。それでも1万円近く払って予防接種を受けようとする人は少ないのではないか――そんな意見が見られる。

一方、はしかの感染力は非常に強く、免疫のない人が感染者の咳(せき)やくしゃみからウイルスを吸い込むとほぼ確実に発症し、人から人へとどんどん感染が広がっていくおそれがある。16年8月からの関空で起きた集団感染も、少数の感染者から広がったと見られている。そのため、多少高額でも予防接種は受けるべきとの意見もまた、少なくない。

「誰かが6千円をケチったせいで麻疹大流行とかマジ勘弁願いたいです」
「金額負担でも麻疹風疹は受けよう予防接種」
「結構な金額するけど、そんなこと言ってる場合でない」

大人になってからも、一定の条件下で接種費用を助成する自治体はある。ただ、その対象者は「妊娠を希望する女性」や「妊婦の配偶者」といった妊娠に関係するものが多い。ほとんどの人は全額自己負担になるだろう。

関空の集団感染に限らず、8月14日には2万5000人を動員した幕張メッセ(千葉市)でのコンサートに、8月26日には200人を集めた東京都立川市でのイベントに、それぞれはしか感染者が参加していたため、感染拡大が懸念されている。