写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●実写シリーズ初の海外進出
特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新たな時代の到来を告げた『ウルトラマンティガ』が放送スタートしたのは1996年の9月7日。今からちょうど20年前のことである。しかしそれに先立つ90年代前半、シリーズの新たな幕開けを予感させる伝説的作品が誕生していた。それが、1990年の『ウルトラマンG(グレート)』と1993年の『ウルトラマンパワード』。『G』はオーストラリア、『パワード』はアメリカと、海外スタッフと円谷プロとの合作によって生み出されたワールドワイドな作品だ。テレビシリーズではなくオリジナルビデオとして企画され、当時ビデオソフトとLD(レーザーディスク)が発売されたのみのこの2作品が、最新のHDリマスター技術で鮮明画質、高音質となったBlu-ray BOX版でいまふたたび甦る。

1990年にビデオリリース(販売・レンタル)された『ウルトラマンG(グレート)』は円谷プロが本格的な海外進出を目指して製作された作品で、企画・脚本、ウルトラマン・怪獣デザインを円谷プロで行い、造型および撮影がオーストラリアにて行われた。シリーズの歴史から見ると、『ウルトラマン80』(1980年)の放送終了以来9年ぶりとなる「実写特撮」の新作「ウルトラマン」となる本作だが、ここに至るまでには、ウルトラマンおよび歴代ウルトラヒーローたちを息の長いキャラクターに育て上げようという円谷プロの絶え間ない努力と工夫の道のりがあった。

テレビシリーズが途絶えた後も「ウルトラマン」シリーズ自体の人気は依然として根強く、小学館のヒーロー雑誌『てれびくん』や学年誌でグラビア・漫画連載という形で「ウルトラマン」シリーズの外伝的ストーリー『ウルトラ超伝説』が好評を博し、1983年には『アンドロメロス』のタイトルでテレビ化を果たした。同じ年には、現在のマスコットキャラクター商品にも通じるウルトラマンや怪獣のファンシーキャラクター企画「ウルトラマンキッズ」が誕生。バンダイから、従来よりも飛躍的にリアル感を増したソフビ怪獣人形「ウルトラ怪獣シリーズ」が発売されたのもこの時期である。

1984年には歴代シリーズの名場面と新撮影部分を再編集した映画『ウルトラマンZOFFY』『ウルトラマン物語』が公開され、歴代シリーズのビデオソフトが販売。レンタル共に好成績を上げた。ウルトラマンや怪獣の勇姿を親子そろって楽しむ「ファンの二世代化」が到来したのが80年代中盤あたりだといえる。

このように、「ウルトラマン」シリーズが世代を越えて幅広い層に浸透していった80年代後期、円谷プロはかねてから懸案だった「英語圏へ向けた『ウルトラマン』シリーズの製作」に着手。最初に実現したのは、アメリカのハンナ・バーベラ・プロとの合作によるアニメ映画『ウルトラマンUSA』だった。1988年にアメリカでテレビ放送された『USA』は、翌1989年には『ウルトラマン大会』(ウルトラマン、ウルトラマンA、ウルトラマンキッズ併映)と銘打ち、東宝系劇場で公開された。これを大きなステップとして「実写特撮による連続シリーズ」の企画が検討され、オーストラリアとの合作による『ウルトラマンG』が実現したのである。

かくしてオーストラリアで撮影が行われた『ウルトラマンG』は、当初ウルトラマンGと怪獣をすべてパペット(メカの骨組みを組み込んだ操り人形)操作によって表現しようと試みられた。人間が中に入って動かす着ぐるみでは表現できないような怪獣独特の不気味な動作などを表すには最適な手法ではあったが、ヒーローの頼もしさや迫力を出すには至らず、早いうちから従来の着ぐるみ方式による撮影も併用して使われるようになった。『G』の大きな特徴は、スタジオの中に街や山のミニチュアを置いて撮影するのではなく、オーストラリア独特のロケーションを用いてウルトラマンGと怪獣の戦いが行われていることだろう。はるかに広がる地平線を望みながらウルトラマンと怪獣が格闘戦を行うビジュアルなどに、本作ならではの雄大なスケールを感じ取ることができる。

日本における『ウルトラマンG』は、ウルトラマン生誕25周年記念作品という冠を与えられてバンダイビジュアルより1990年9月25日に第1巻(第1〜3話収録)がビデオリリース(セル&レンタル)された。日本語吹き替え版のキャスト陣も豪華な顔ぶれで、主演のジャック・シンドーには大のウルトラマン好きとして当時のバラエティ番組で熱弁をふるった二枚目俳優・京本政樹を起用。念願の「ウルトラマン」シリーズ参加に意欲を燃やした京本は、主題歌「ぼくらのグレート」副主題歌「地球は君を待っていた」も熱唱している。また、京本の交友関係によって柳沢慎吾(最新作『ウルトラマンオーブ』にもレギュラー出演)がチャールズ隊員役、藤岡弘、がナレーター(第1〜6話まで)を務めたこと、そして『ウルトラマン』のムラマツキャップ役で知られ、洋画の吹き替えも数多くこなす小林昭二がUMA隊長アーサー・グラントの声を演じたのも、大きな話題を集めた。

ビデオリリースと並行して劇場版(ゴーデスの逆襲/怪獣撃滅作戦)の上映も行われた『ウルトラマンG』は、ビデオ第4巻から『新ウルトラマンG 必殺!怪獣大決戦』と改題し、都合6巻分がリリース。児童向け雑誌や絵本、販売専用ビデオの世界ではウルトラマンやウルトラセブンなど歴代ウルトラヒーローと共に怪獣軍団と戦う姿を見せたウルトラマンGは、日本の子どもたちにも新ヒーローとして認められ、愛されるようになったのである。

●リニューアル旋風の時代に生まれたアメリカの「ウルトラマン」
『ウルトラマンG』から約3年後となる1993年、アメリカ・ハリウッドのSFXチームと円谷プロ、バンダイビジュアルが力を合わせて生み出した作品が『ウルトラマンパワード』である。

1993年といえば、円谷プロによる連続テレビシリーズでは久々となる特撮ヒーロー『電光超人グリッドマン』が製作された年。同じころ、歴代シリーズの名場面とオリジナル映像で構成された『ウルトラマンVS仮面ライダー』というスペシャルなビデオ作品も作られている。また映画の世界では、1991年に『ゴジラVSキングギドラ』、1992年に『ゴジラVSモスラ』が大ヒットし、1993年末には『ゴジラVSメカゴジラ』の公開が控えていた。

さらに、アメリカでは恐竜たちの姿をCGで生物感たっぷりに表現した大作『ジュラシック・パーク』が公開され、大評判を取っていたころ。90年代前半は、往年のヒットキャラクターが最新の映像テクニックによってリニューアルされて甦り、リアルタイムを生きる子どもたちに新鮮な衝撃を与えていた時代と呼んでも差し支えないだろう。

そんな中、アメリカを舞台に第1作『ウルトラマン』を完全リメイクするという趣旨で企画された『ウルトラマンパワード』では、ウルトラマンおよび人気ウルトラ怪獣を前田真宏氏が大胆なまでにリファインし、独自の生物的ディティールをほどこした「パワードウルトラ怪獣」を創造している。『G』と同じく、どこまでも広い野外ロケーションで撮影されたウルトラマンパワードと怪獣の立ち回りは、海外のネイチャードキュメンタリー番組を観ているかのような独特のリアリズムを生んだ。パワード怪獣たちはほとんどの個体がバンダイより「ウルトラ怪獣シリーズ」としてソフビ商品化され、従来のウルトラ怪獣とはまた異なる魅力を持った存在として多くの子どもたちを喜ばせた。

ビデオシリーズ『ウルトラマンパワード』は、日本において1993年12月に第1巻がセル&レンタルされ、以後翌年8月までに全6巻がリリースされた。本作では字幕スーパー版が作られず、すべて日本語吹き替え版のみであった。ウルトラマンパワードに体を貸しているW.I.N.R.(ウイナー)隊員ケンイチ・カイを演じたのは、まだ日本で俳優活動を始める以前のケイン・コスギ(日本語版では声優の森川智之がカイの声を演じた)。ケインはこのとき日本語が得意ではなかったが、1994年には東映の『忍者戦隊カクレンジャー』にニンジャブラック・ジライヤ役でレギュラー出演することになり、1年間の撮影期間で日本語を見事マスターしている。ちなみに彼の父親であり、アメリカで多くの「ニンジャ」映画に出演したアクションスター、ショー・コスギは本作の日本語版で、ウルトラマンパワードの声を演じている。

海外を舞台にした新感覚の「ウルトラマン」シリーズ2作品は、1995年に『ウルトラマンパワード』『ウルトラマンG』の順番で地上波放送(TBS)を果たす。翌年の1996年には異色のコミカルウルトラヒーロー映画『ウルトラマンゼアス』公開に続き、『80』以来15年ぶりの連続テレビシリーズ『ウルトラマンティガ』の放送が開始(毎日放送、TBS系全国ネット)され、「ウルトラマン」シリーズは新たなる発展を遂げることになる。今回のBlu-rayソフト化は、20数年前に『G』『パワード』を楽しんでいたファンにとって、まさしく待望の出来事。ぜひBlu-rayの最高画質、最高音質で思いっきり作品世界に浸りきってほしい。

「ウルトラマンG Blu-ray BOX」
収録話数:第1話〜第13話/劇場版2作品
価格: 18,900円(税別)
発売日: 2017年1月27日
発売: 円谷プロダクション
販売: バンダイビジュアル

「ウルトラマンパワード Blu-ray BOX」
収録話数:第1話〜第13話
価格: 18,900円(税別)
発売日: 2017年3月24日
発売: 円谷プロダクション
販売: バンダイビジュアル

(C)円谷プロ
(C)円谷プロ/アニプレックス/電通

(秋田英夫)